2011年09月25日

「ぶたくんと100ぴきのおおかみ」

今回は月イチ恒例の宮西達也の絵本からお届けします。


「ぶたくんと100ぴきのおおかみ」
宮西 達也 作・絵
すずき出版

かしこいようでちょっとまぬけなおおかみのお話です。

ぶたくんがもりのそばをとおりかかると、
だっだっだっだっだっだっ
どどどどどどどど
と、100ぴきのおおかみが追いかけてきて、ぶたくんはおいつめられてしまいました。
100ぴきのおおかみはぶたくんを食べようとするのですが、100ぴきでぶた1ぴきじゃすこーししか食べられないことに気づいたまではいいのですが・・・
おおかみは知恵をはたらかせた筈だったのですが・・・

さてさて、おおかみはどうしたというのでしょう。
ぶたくんを食べることはできたのでしょうか。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 宮西達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック