2011年09月19日

雨をもたらす雲

サンシャイン60の屋上展望台から小望月を撮影した9/11(日)、月とは反対側の太陽が沈もうとしている西側で思わぬものを見かけました。

16時頃の西の空は散らばった雲の影の太陽から光芒が地上に降り注い出いました。
宮沢賢治の言葉を借りればまさに「光のパイプオルガン」が奏でられてる空で、この時は穏やかな空でした。
光のパイプオルガン響く空

東京スカイツリーしばらくは穏やかそうだったので、東側の東京スカイツリーや東京タワーを撮影に。
と、と、ところが・・・東京タワーの写真を撮ってないのでスカイツリーの写真だけです。


そして最初の写真を撮影してからわずか20分後、また西の空を見てみると、いつの間にやら大きな積乱雲が出来上がって、入道さんの影が空に浮かび、光が吹き出していました。
大きな積乱雲

この地上と雲の間をよく見てみると、富士山がゆっくりと顔を出し始めていました。
雲間から富士山

見てる間に積乱雲がどんどんと高くなり、積乱雲と地上の間に黒い筋が見え始めました。
積乱雲の下

この部分に寄ってみると、最初はうっすらとしていたのにしだいに太くはっきりとしてきました。
もうお分かりの方もいると思いますが、これは積乱雲の下で激しく雨が降っている様子です。
カーソルを乗せて御覧ください。


大きく育った積乱雲のまさに真下で激しく雨が降っているんです。それがよく分かる写真が撮れました。
激しく雨が降る積乱雲の下

この後、しだいに黒い筋は薄くなり、雨がやんだようです。
5時になったので月の出が気になり東の空に移動してしまったので、この後の変化を撮影してません。どっちつかずはいけませんね。

その東の空には反薄明光線が雲に影を作りながら一点に収束している様子が撮影できました。
反薄明光線

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 空色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
入道雲もそろそろ終わるのでしょうか。

わが家のベランダから大阪北部の平野が見渡せるので、入道雲からの雨が、観察できます。
あの雲は、こちらへ来そうだとか…、予報をしています。

今日は、台風と秋雨前線の影響で、黒い厚い雲に覆われている大阪。
朝から本格的な雨が降っています。

暑ささ美佐も彼岸まで。
よく言ったものです。
彼岸の入りの今日は、涼しくなってくれました。
Posted by 銭無のとっつあん at 2011年09月20日 11:22
銭無のとっつあんさん

入道さんもこの台風が連れ去ってしまうでしょう。
ベランダから雲が観察できるというのはいいですよね。雲の変化で季節の移り変わりもわかりますよね。

東京も気温が下がって涼しいというよりも肌寒いぐらいに感じます。

今年は水の被害の多い年です。お互いにどこにいても油断せずに気をつけましょう。
Posted by ブドリ at 2011年09月21日 07:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック