2011年09月18日

「月夜のでんしんばしら」

中秋の名月は過ぎてしまいましたが、月を題材にした絵本をお届けします。
今回は宮沢賢治の童話からお届けです。

月夜のでんしんばしら (ミキハウスの宮沢賢治絵本)月夜のでんしんばしら (ミキハウスの宮沢賢治絵本)
宮沢 賢治 竹内 通雅

三起商行 2009-10
売り上げランキング : 306257

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「月夜のでんしんばしら」
宮沢 賢治 作
竹内 通雅 絵
三起商行(ミキハウス)

九日の月が空にかかり、うろこ雲が空いっぱいで、その隙間からときどき冷たい星がぴっかりぴっかり顔をだす夜のこと。

ドッテテドッテテ、ドッテテド
ドッテテドッテテ、ドッテテド

と、でんしんばしらが歩きだしました。
それを見ていた恭一のそばに、黄色い顔の電気総長がやってきて・・・
恭一が遭遇した奇妙きてれつ不思議な夜のお話です。

宮沢賢治の生前に唯一出版された童話集「注文の多い料理店」に収録された、「虹や光からもらってきた」珠玉の一篇です。

お子さんには話はよくわからないかもしれませんが、電信柱が行進する「ドッテテドッテテ、ドッテテド」というリズムだけでも楽しめると思いますよ。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 宮沢賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック