2011年09月14日

東京スカイツリーと小望月の月見

中秋の名月前日の9/11(日)はいろいろと検討しました。
月と一緒に見るものは何がいいか、それが見えるのはどこか、カシミールというソフトを駆使してそして決めたのが、サンシャイン60の屋上展望台から東京スカイツリーの左側から上ってくる小望月を撮る、ということ。
あとは天気次第。

この日の月の出は17:01(東京)。月の出の時刻にすぐに見えてこないのはわかっていたのですが、こんなに雲があると期待も出来ず。これは17:20の空です。
でも、よく見てくださいね。またもや反薄明光線が右からも左側からも東側の1点に向かって集まってるじゃないですか。しかも反薄明光線がしっかり雲に影を作ってますよ。
集まっている場所よりもちょっと右寄りがツキが上ってくる予想ポイントです。
集まる反薄明光線

この直後、スカイツリー付近をじっと見ていると雲の中から静かに顔を出し始めました。
左上にぼんやりと丸いものがわかりますか?それが小望月です。
東京スカイツリーと小望月

せっかくなので反薄明光線と東京スカイツリーと小望月です。
でも、月の位置がよくわかりませんよね。上の写真から大体の位置をつかんでその付近を見てみてください。ちゃんと写ってますから。
反薄明光線と小望月

東京スカイツリーと雲にはいる小望月17:27 見てる間に今度は上に広がる雲の層に突入です。
またしばらく見えないなと、魅力的な風景が広がっていた西の空側にちょっと浮気しちゃいました。


雲に入った月とは反対に、今にも雲の中から出て来る太陽から地上へと光が降り注いでいるんですよ。いやいや、宮沢賢治の言葉を借りれば光のパイプオルガンが奏でられているんです。

ちからのかぎり
そらいっぱいの
光でできたパイプオルガンをひくがいい
                       宮沢賢治 「告別」より

そしてなんとこの写真の左下の方にちょこんとひときわ高い山が!そう、富士山です!
夕景

この秋、最初の富士山です。感動!
富士山
この西の空の模様はもっとお見せしたいことがあるので後日改めてお届けします。

東京スカイツリーと斜め上方の小望月と、浮気をしていたわずか10分ほどの間に、月は案外高くに上っていました。(17:39)
意外とゆっくりそうなんですけど、目を放すとあっという間に移動するほど月が動くのって速いんですよ。じゃなくて地球の自転速度は速いんです。この自転速度に振り落とされずに世界は広がっているんですからすごいことです。


東京スカイツリーの真上の小望月そしてさらにその20分後の18:00。
東京スカイツリーの真上に小望月がやって来ました。
月の出から1時間でこの高さまで登るんですよ。速いですね。


と、小望月はここまでです。

次回、中秋の名月をお届けします。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .天体観測 月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック