2011年08月28日

「やればできるよ ランドルフ」

今回の絵本・児童書は、ふくろねずみの三きょうだいのまんなかのランドルフのお話です。

やればできるよランドルフ

やればできるよランドルフ
著者:エレン・コンフォード
価格:1,313円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


「やればできるよ ランドルフ」

エレン・コンフォード 作
ローズマリー・ウエルズ 絵
前田三恵子 訳
国土社

ふくろねずみは普通、しっぽを枝に巻きつけて木にぶら下がって寝るのですが、どうしてもランドルフにはできません。
何度も練習するけど、どうしてもできません。
お父さん、お母さん、お姉ちゃん、弟がなんとかうまくぶら下がらせようとあの手この手。
木の下に木の葉の山を作って落ちる心配をなくして練習するけどうまくできません。
でも、この木の葉の山がきっかけとなって・・・
結局はちょっとしただましで出来るようになるんですけど、こういう手は本人をその気にさせるためによく使いますよね。

家族みんなで手助けするお話ですけど、人間だってそうですよね。
子供が何かしようとしてもなかなかできない時、みんなで手助けしたり、出来るようになるようその気にさせる手を使ったりと一家総出でよくしたものです。
今はあまりこういうことはないんですかね。
この絵本は家族で支えることの大切さ、子育ては家族みんなでするもの、といった大事なことを教えてくれる絵本だと思います。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 や・ら・わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック