2011年07月15日

反薄明光線と小望月

7/14 この日の月の出の時刻が18:06なので、仕事を終えて会社をでれば、上ってきた月に出会える絶好の日。

赤く染まる街と小望月18時半過ぎに会社近くの品川区役所そばの東の空が開けたところへ行くと、もうすでに満月間近の小望月が、夕方の光を浴びて街が赤く色づく中を上ってきていました。


反薄明光線と月月を眺めていたらちょっと左の空に明るいところと暗いところを発見。もしやこれは・・・ともっと左に目を向け東の空全体を見ると、ある一点に向かって暗い部分が集まっているじゃないですか。間違いなく反薄明光線!


反薄明光線というのは太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、太陽と正反対の方向に光線の柱(光芒)が放射状に収束して見える現象のことです。太陽の周囲にできる薄明光線とは逆。裏後光(うらごこう)、裏御光(うらごこう)とも呼ばれます。

太陽と雲のいたずらちょうど、撮影していた所の真後ろに路地があり、夕日が見える場所だったので、振り返って太陽の方を撮影してみると、ちょうど太陽を境にして雲が広がっています。雲のない部分が月の側、雲のある部分が暗い部分つまり影の部分ということになります。


反薄明光線の縁を進む小望月日が沈むにつれて、反薄明光線が東の空に収束していく様子がはっきりしてきました。ちょうどその縁を進むかのように小望月がゆっくりと上っています。


時々刻々、反薄明光線は変化し、地面に近い部分の色も藍色に変わっていきます。
カーソルを乗せてご覧ください。


西の空を見ると空に光芒が伸びているのがはっきりと見えたのですが、東の空の反薄明光線は薄く見えにくくなっていきました。
カーソルを乗せてご覧ください。


反薄明光線がはっきりしなくなった時点で撮影をやめ、家路に。とその前に、自転車を止めてあるしながわ中央公園の付近で太陽の方向の光芒を撮影。
カーソルを乗せてご覧ください。


今回の写真はPanasonic LUMIX DMC-TZ10で撮影したものです。

こんな風に西の空から光の帯が伸びて、東の空に向かって伸びていくんですよ。
でもこれは、曲線を描いているんじゃなくてまっすぐに光の帯が伸びているんですからお間違えなく。
これはまっすぐ平行に走る線路が遠くになると1点に集まっているように見えるのと同じことなんです。

この現象は、地上から見た太陽の角度が低い早朝や夕方の日の出や日の入頃にしか見られません。
また、太陽光線をさえぎるくらいの厚みがあって、かつ切れ間のある雲の発生が必要。さらに、雲を構成する水滴(雲粒)よりも小さく、目に見えない水滴が多数浮遊した状態が、空全体に全体に分布していないと見えない現象なので、ちょうど湿度が高めの今頃が見るには条件的にも揃っている時期です。

宮沢賢治はよく歩いていた人だから、「こういう空を何度も見て、いろいろな心象スケッチを描いていたんだろうな」「もし、賢治の生きていて時代にデジタルカメラが存在していたら、どんな写真をとっていたのだろう」などと思いを馳せていました。
光芒を「光のパイプオルガン」と表現していますが、確かに天上でメロディを奏でているように思えます。
いろいろなことを見て、いろいろなことを知らなければ、表現の豊かさは生まれない。
次代を担う子供たちにはいろいろな経験をし、幅広い知識を身につけて欲しいですね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | .天体観測 月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック