2011年07月08日

七夕の昼間の空に虹色

七夕の夜、東京では雲が広がり天の川は見ることができませんでした。
晴れていても天の川とわかるほど星は見えないんですけど・・・

七夕の7月7日、朝のうちは雨が降り、今日はこんな天気かと思っていると、お昼になって急速に空が回復。青空が見えてきました。
これはいいものが見られるに違いない!
そう確信して外に出て空を見上げると、空にかかる大きな虹ではありまえんが、太陽の方向に虹色発見!
虹色発見LUMIX TZ10
わかりますか?
細い雲の途中に色付いた部分が見えますよね。
太陽の位置からしてこれは環水平アークではなく暈(ハロ)の一部に違いない!と太陽の周りをぐるりと見回してみると・・・


ぼんやりと暈LUMIX TZ10
雲がある部分ははっきりと、そうでない部分はそれなりに虹色に色づいているじゃないですか。
間違いなく暈(ハロ)です。


流れる虹色LUMIX TZ10
雲が風に乗り勢い良く流れ、流れる雲が暈の位置に来るとその部分だけ虹色に染まり、虹色が流れているようでした。



もどかしい暈

GR-DIGITAL
雲は流れながら形を変えていくので、虹色もはっきり見えたり見えなかったり。
う〜ん、もどかしい!

虹色が少しだけLUMIX TZ10
薄くなったりはっきり見えたりとお昼の太陽を見上げ続けているのも楽じゃないけど、見ずにはいられないこの日の虹色の変化!


ある程度撮影して、撮影した写真を確認していると、急に影が広がって太陽の周りには巨大な雲がやってきていました。でも、よくみると、太陽のそばの雲が色づいてるのを発見。
今度は彩雲だ〜!しかも、ど派手!
カーソルを乗せてご覧ください。LUMIX TZ10


今回の最後に宮沢賢治の詩を一つ掲載いたします。


〔日に暈ができ〕

日に暈ができ
風はつめたい西にまはった
 
ああ レーキ
あんまり睡い
  (巨きな黄いろな芽のなかを
   たゞぼうぼうと泳ぐのさ)

杉みな昏く
かげらふ白い湯気にかはる

空に星に岩石に花にと、前宇宙のすべてと波長を合わせることができていたような宮沢賢治。
彼の人生と三陸地震は切り離せない関係である。
それはたくさんの方が話しているので省略します。
もう間もなく大震災から4ヶ月。
今回の三陸の被害を目の当たりにしたらどのように思ったことだろう、とまた賢治の作品を読み直し始めた今日この頃です。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | .天体観測 虹色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暈が切れ切れになって、姿を変えていく・・・いつも空を見上げている人でないと気づかない現象ですね!
彩雲もすばらしいです♪
Posted by 森のどんぐり屋 at 2011年07月10日 18:06
森のどんぐり屋さん

流れる雲にのって虹色が移動していく様子は見とれちゃいますね。
ひょっとして環水平アークも?と思ったのですが、そちらはダメでした。
実は炎天下に真上を見上げすぎて、この後ちょっと気持ち悪くなってしまいました。要注意です。

Posted by ブドリ at 2011年07月15日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック