2011年06月23日

生田緑地ばら苑 2011春 Part3

今回も生田緑地ばら苑の薔薇です。
今回はちょっと文化的な名前のバラをお届けします。

タイタニック(Titanic)
1998年 ニュージーランド、マグレディ作出
別名が MACdakot
名前はわかるとおり、あのタイタニック号から名付けられたようです。
船が沈むとき、胸元に一本のバラを挿した青年と恋人の物語をイメージしたそうな。
カーソルを乗せてご覧ください。


ドクター ファウスト(Dr.Faust)
1957年 ドイツ、コルデス作出
濃い純黄色、外弁に橙桃色のぼかしが入る、
1965年 NRS金賞受賞
ゲーテの戯曲『ファウスト』の老学者ファウストから名付けられました。
最後の場面で、ファウスト博士の魂を天国に導いたのが、天使たちのまき散らすバラの花らしいので、この薔薇をイメージしたのでしょうか。
カーソルを乗せてご覧ください。


チャールストン(Charleston)
1963年 フランス、メイアン作出
咲き始めは黄色に赤みが入り、陽を受けると黄の部分が次第に赤みを増してサーモンピンクから紅色化していきます。
社交ダンスの「チャールストン」の四拍子の軽快なリズムをイメージしたのでしょうか。
カーソルを乗せてご覧ください。


チャールズ ダーウィン(Charles Darwin)
2001年 イギリス、オースチン作出
名前は「種の起源」で有名な生物学者ダーウィンにちなんで。
イングリッシュローズの中でも最も大輪の部類。
紅茶の香りからほとんどレモンの香りまで変化するらしいです。
カーソルを乗せてご覧ください。


伊豆の踊子(Dancing Girl of Izu)
2001年 フランス、メイアン作出
フランスのバガテル公園の姉妹園である、河津バガテル公園に作出者アラン・メイアンより贈られたバラです。
河津が川端康成の小説「伊豆の踊子」の発祥地であることにちなんで名付けられました。
カーソルを乗せてご覧ください。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック