2011年06月15日

新宿御苑 バラ 2011年春 皇室・王室関連の薔薇

新宿御苑の春薔薇も最終回になりました。
最終回は王室や皇室などに関連した名前のバラをお届けします。

日本の皇室
プリンセスアイコ(Princess Aiko)
2002年 日本、京成バラ園芸(武内俊介)
敬宮愛子内親王のご誕生を祝して名付けられた薔薇です。
新宿御苑には日本の皇室関連はこれだけです。
カーソルを乗せてご覧ください。


クイーン・マルガレーテ(Queen Margarethe)
1991年 デンマーク、ポールゼン作出
デンマーク女王マルガレーテ2世に捧げられ、命名された薔薇です。
1940年4月16日に王家の長女として生まれ、父フレゼリク9世の後を継いで1972年に即位
カーソルを乗せてご覧ください。


キャロリーヌ ドゥ モナコ(Caroline de Monaco)
1989年 フランス、メイアン作出
モナコ公国キャロリーヌ王女にささげられたバラです。
淡いクリーム色の気品の漂う柔らかい感じの薔薇です。
カーソルを乗せてご覧ください。


シャリファ・アスマ(Sharifa Asma)
1989年 イギリス、オースチン作出
オマーンの王族にちなんで名づけられました。
柔らかなピーチ・ピンクですが、時がたつと周辺部は色落ちしてクリームに変わるそうです。
カーソルを乗せてご覧ください。


ザ・プリンス(The Prince)
1990年 イギリス、オースチン作出
英仏間で争われた100年戦争で、勇名をはせた、黒太子エドワード(Black Prince, Edward:1330-1376)から。英国では"黒"と"プリンス"はイメージとして重なるもののようです。
咲き始めは暗赤色で、後に紫がかった独特の色になるかわったバラです。
カーソルを乗せてご覧ください。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | .新宿御苑 バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック