2011年05月29日

「ちゅーちゅー」

今回は月一企画の宮西達也の絵本からお届けします。
前のブログ「心象スケッチ(新)」で紹介した『にゃーご』のシリーズです。


宮西 達也 作・絵
鈴木出版

「ネコとネズミの関係」というのをユーモアたっぷり、スリル満点に描いて大人気となった絵本『にゃーご』のシリーズです。
もしねずみを知らないねこがねずみと出会ったら・・・

おかあさんに
「ちゅーちゅー ちゅーちゅー」大きな声をだすと猫に食べられちゃうよと教えられた3匹のこねずみたち。
木の上でお昼寝をしてめをさますと目の前に大きなねこが!
さぁ、大変!
思わず「ちゅーちゅー」と悲鳴を上げてしまいました。
ところが、このねこはねずみを知らないみたい。
そこで、ねずみたちは一生懸命に知恵を働かせてかわいい嘘をつきます。
「ねずみは ぼよよよーんってなくんだよ」
「ちゅーちゅーは大好きって意味なんだよ」

そしてねことねずみはバナナを取りに行くのですが・・・

ねずみのために体を張るねこ
倒れたねこのために危険をかえりみずに「ちゅーちゅー」と鳴くねずみ

ひょんなことから天敵同士がお互いのことを思って行動しあう。
最後にはほろっとする展開が・・・

嘘をつくのはいけない事かもしれませんが、身を守るためには必要なこともあるのでは?
それ以上にねずみもねこもお互いを思いやる心をもち、お互いのために行動をすることの方に注目してくださいね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 宮西達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック