2011年05月28日

チューリップの精

今日は国営昭和記念公園に咲いていたチューリップをお届けします。
もうとっくに散ってしまっているので、間違えてこれから見に行かないでくださいね。

昭和記念公園では毎年、渓流広場下流の周辺にチューリップが植えられます。その数130品種18万球。どれだけの数でしょう。
見頃に行くとほんとにきれいなんでしょうけど、いつも行くのがゴールデンウイークの終盤になってしまって、一部は見頃過ぎで花も傷み、散り始めている状態なんです。
それでも、見頃の花も多くとても綺麗です。

一つひとつの品種名はお伝えせず、ドーンと見ていただこうと思います。

まずは色とりどりに咲くチューリップをカーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


昭和記念公園・渓流広場下流このような花壇がこの渓流の広場の周りを囲んで右にも左にもあるんですよ。


それでは続けて、チューリップの精かおやゆび姫がひょっこり顔を出しそうな色とりどりのチューリップをカーソルを乗せ、クリックしてご覧ください。


色とりどりのチューリップを眺めるのもいいですけど、一種類のチューリップを眺めるのもいいものですよ。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。

見える順番にバレリーナ、ダンシングショー、ドンキホーテです。


こちらもカーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。
こちらは品種名をチェックし忘れました。


さらにさらに、カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。

順番に、メントン、シャーリー、クラウディアです。


カラフルなチューリップを今年ものんびりと眺められる幸せをしっかりとかみしめました。
たくさんの人の力を借りて家からここまでたどり着き、この公園もたくさんの人の力によって運営・維持され、当たり前のように咲いて見えるチューリップは、多くの方の世話によって見事に花をつけているんです。
そういったひとつひとつのことを感じて花を大事に見て欲しいですよね。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック