2011年05月22日

「あしたもともだち」

今回の絵本・児童書は、内田麟太郎・降矢ななコンビが贈る「ともだちシリーズ」第3弾をお届けします。

あしたもともだちあしたもともだち
内田 麟太郎 降矢 なな

偕成社 2000-10
売り上げランキング : 49188

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「あしたもともだち」
内田 麟太郎 作
降矢 なな 絵
偕成社

クマをからかう歌を歌いながら散歩をしているキツネとオオカミ
ところが、オオカミさんが木の影にクマが倒れているのを見つけてます。
キツネと散歩を
「や、やめだ! さんぽは やめだ!」
と突然やめてしまいます。
次の日遊んでても先に帰ってしまうし、
その次の日はトランプをしててもなにやらそわそわ。
また次の日は勉強をする日だといっていたのに、オオカミがどこかへ出かけていきました。
キツネはいけないと思いながらもあとをつけてみると・・・

さて、オオカミはなんで早く帰ったり、勉強すると言ってでかけたりしていたのでしょう。
実はオオカミは内緒でクマを助け、そして看病までしていたのです。
森一番の乱暴者と決まっている狼だからこその恥ずかしさ、そしてそれに気がついてもそっと見守ってるキツネの優しさ。
二人の友情も徐々に成長していっているのですね。

このシリーズをじっくりと読んで友達というものを考えて欲しいです。

参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします
 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック