2011年04月28日

大震災から四十九日

4月28日は東日本大震災の四十九日になります。
被災地をはじめ、多くの場所で法要が営まれ、全国の寺院では地震発生時刻の午後2時46分に一斉に鐘を突くよう呼び掛けているそうです。

警察庁によると、27日現在、東日本大震災の死者は12都道県で1万4517人、行方不明者は6県で1万1432人に上っているとのこと。

いまだに余震が続き、悲しみも落ち着きも取り戻せない被災地かと思います。
震災ボランティアに行かれた知人の話によると、被災地に方たちが驚くほど前向きで、暖かな声をかけてくれることにこちらのほうが恐縮してしまったとのこと。
苦しい中でも助け合い、支えあう和の心が、被災地から全国へ、世界各地へと伝わっていくことが、亡くなられたたくさんの方々の魂を救うことになるのでしょう。

私も、目黒不動尊にお参りしてきました。
目黒不動尊でも大護摩供養が行われていました。
目黒不動尊


奇しくもこの四十九日に当たる28日にこの本堂奥手にある大日如来像の光背 覆屋二十八宿図の落成式と重なりました。
大日如来の名前は、大日の智恵の光が、昼と夜とで状態が変化する太陽の光とは比較にならないほど大きく、この世の全てのものに智恵の光をおよぼして、あまねく一切を照らし出し、また慈悲の活動が活発で不滅永遠であるところから、特に太陽である「日」に「大」を加えて「大日」と名づけられています。
まさにこの日、多くの命に今まで以上にまばゆい光を照らすように巡りあわされたのかもしれません。
大日如来


いまだ行方のわからない方々も多く、身元が判明しても引き取り手のない多くの遺体もあります。
また、きちんとした葬送ができないままになっている家族や親族も不安やいたたまれない思いに苛まれていることでしょう。まだ遺体が発見されず、葬儀が出せない被災者の方々には「どうか悔やんだり、自分たちを責めたりしないで欲しい」と思います。

この度の震災で亡くなられた多くの方々のご冥福を祈るとともに、被災されたたくさんの方々の心に平安がおとずれますよう祈り続けたいと思います。


参加しています。もしよかったら1日1クリックお願いします

 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック