2011年04月11日

悠真とお花見

4/10(日) 大震災の前に会って以来、会いたくてしかたなかった悠真とお花見をしました。
場所は所沢市にある航空公園。
昨年も一昨年もこの公園でお花見をしたので3年連続です。
残念ながら日曜日ということもあって、ゆうパパはお仕事で来られなかたので、ゆうママと3人でのお花見でした。

YS-11西武新宿線航空公園駅の目の前にある航空公園。その入口には日本の誇る旅客機YS-11が展示されています。
待ち合わせ時間よりも30分早く着いてしまったので、一人で撮影タイムでした、。


行儀が良い悠真さてさて、悠真一家と駅で落ちあって公園の中へ。
公園に入って程無いところに悠真お気に入りの小山があるというのでそこに向かうとその手前で悠真がおすわり。
「なにしてるの?」と聞くと「お花見てるの」だそうです。
いつからこんなに行儀が良くなったんでしょう。


悠真お気に入りの小山はすでに人でいっぱいだったのでその近くでシートを広げてお花見タイム。といってもお食事です。
悠真撮影・おにぎり私が桜の写真や悠真の写真を撮っていたら、私のカメラを使いたがったので貸してあげると、何を撮るかと思ったら、こんなモノをとってました。
花より団子ならぬおにぎりかぁ(^^)


ここで、おじちゃんからこの日一つ目のプレゼント。
ガチャガチャの鉄道グッズ「ふわくねトレイン」という新幹線のビニール風船で、ドクターイエローです。全長が45cmもあるんですよ。
もちろん悠真はすぐに気に入ってくれて、夢中になってました。

どこでも電車飛行機よりもドクターイエロー遊び。
どこでも悠真にしか見えない線路が敷かれちゃうからすごいですよね。


どこでも電車に夢中桜の前でもドクターイエローに夢中。
決まって低い目線。
これが電車好き少年の特徴です。


松ぼっくり発見!低い目線で遊ぶからこそ見つかるものの。
松ぼっくりを発見!
悠真のカバンに入れてお持ち帰りです。


松ぼっくりを見つけてもそのあとはやっぱり・・・
花壇のシバザクラのそばでも、パンジーのそばでも這いつくばってドクターイエローに夢中。
カーソルを乗せてご覧ください。


まぁ、こうなることは予想してはいたのですが、ここまでとは驚き!
こんなふうに夢中になる子どもの姿ってかけがえのないものですよね。
なんの心配もないこの時期におもいっきり好きなものに夢中になっておくれ。
大きくなるに連れて興味は変わるかもしれないけど、その夢中になった記憶は必ず何かの役に立ってくれる。
どんなふうに役に立つかはわからないけど、絶対に無駄になることはない。
少なくとも、悠真が大きくなったときに子供の頃にお前はなぁ、なんて話のネタにはするからさ(^^)

「パッと咲く 子どもの笑顔に 桜花」


この後、航空公園内の子供広場で一遊びも二遊びもして、この1ヶ月の間にぐっと成長した姿を見せてくれました。
その模様は次回お届けします。



 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | .悠真日記 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック