2011年04月06日

桜・千鳥ヶ淵周辺

靖国神社の桜を撮影した後、東京の桜の名所・千鳥ヶ淵方面へ。

靖国通りから東京スカイツリー靖国神社からすぐ横の靖国通りに出ると、真っ直ぐのところになんと、東京スカイツリーが見えるじゃないですか!
大震災の揺れでも損傷がなく、その後も順調に上に伸び、3月中に最高点634mに到達し、高さ面では完成。
靖国神社沿いのもちょっと咲いてくれていたらよかった桜と一緒に記念撮影。


田安門と桜そして靖国通りをわたって千鳥ヶ淵側へ。
武道館への入口となる田安門をお濠側から桜と共に撮影。
ここは人気スポットで入れ替り立ち替りです。
ここも、もうちょっと咲いてくれているともっときれいですね。残念。


千鳥ヶ淵・ボートと桜そして歩いて千鳥ヶ淵緑道へ。
千鳥ヶ淵はボートで楽しむことができるので、桜の下を楽しむボートで賑わいます。
いつもなら夜間ライトアップされ、夜桜のボートで賑わうのですが、今年は中止となり、そのせいか昼間のボートも数は少なめ。自粛ムードなのでしょう。
ちらっと見えているのが田安門です。


東京スカイツリーの頭視線を上にあげると、またもや東京スカイツリー!
明治大学の校舎の上に頭を出していました。
手前の桜が咲いているときれいでしょうね。


お花見ボートこんなふうに楽しむボートもあって、東京のどまんなかでのんびりお花見もいいもんですよね。


この先も桜並木が半蔵門まで続くのに、お濠とわかる桜の撮影をしていなかったんですね。
毎年、幹や枝からちょこっと咲く桜の花に惹かれるのですが、今年は特に日が差して透けている幹や枝からちょこっと咲く桜の花に目が行くんですよ。
ちょっとした心境の変化というか、気持ちが一隅を照らすようなものを求めているのか。
桜の花に一時の安らぎを求めている人は多いことでしょう。
どんちゃん騒ぎの花見はどうかと思いますけど、花見をして気持ちを晴らすというのも今は大事なことでもあると感じています。
日に透けるソメイヨシノ1
日に透けるソメイヨシノ2 日に透けるソメイヨシノ3


「ゆくひとの 笑顔とともに 花便り」
「酒抜きに 静かに過ごす 花の宴」


cherry blossom viewing
without alcohol
in a quiet manner


 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | .花歩記 桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック