2019年04月30日

多聞院 初夏の花(4/27) ハンカチノキ

4/27(土)に見に行った多聞院で咲いていた花の2回目です。

珍しくはありませんがエビネです。
エビネ

クマガイソウが咲いている中に咲いているエビネのすぐとなりに、なんとキンランが1輪咲いているじゃないですか!
まさかあるとは思っていなかったのでビックリ!右の黄色い花がキンランです。
キンラン(金蘭) ラン科
林で黄色い花が金色に輝いて見えるランの花ということから名付けられました。
日本ではありふれた和ランの一種でしたが、1990年代ころから急激に数を減らし、1997年に絶滅危惧II類(VU)(絶滅の危険が増大している種:環境省レッドリスト)として掲載されました。
エビネとキンラン

ニホンサクラソウ(日本桜草)も片隅に咲いていました。
ニホンサクラソウ

そして今回のメインは下に咲いている花ではなく、頭上に咲いているハンカチノキの花です。
このブログでは新宿御苑のハンカチノキを毎年のようにお届けしてきましたが、今回はこちら多聞院です。
この木がハンカチノキ。
ハンカチノキ

そして花がこちら。
花びらに見える白い部分は苞(ほう)と呼ばれるもので、ハナミズキやドクダミの白い部分と同じです。
その中央にある球状の頭状花序とよばれる部分に、複数の小さな花が集まって咲いています。
ハンカチノキの花

ヒラヒラと風に揺れる姿がハンカチのようなのでハンカチノキと名付けられました。
ひらひら揺れる姿をハトの姿に見立てて英語では鳩の木と呼ばれています。
ハンカチノキ、ひらひら

ここ数日の雨で花は傷んでしまったかもしれませんが、見頃はもう少し続いていると思います。
5/1は寅まつりですので、祭のついでに眺めてみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 21:52 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする