2019年04月30日

多聞院 初夏の花(4/27) ハンカチノキ

4/27(土)に見に行った多聞院で咲いていた花の2回目です。

珍しくはありませんがエビネです。
エビネ

クマガイソウが咲いている中に咲いているエビネのすぐとなりに、なんとキンランが1輪咲いているじゃないですか!
まさかあるとは思っていなかったのでビックリ!右の黄色い花がキンランです。
キンラン(金蘭) ラン科
林で黄色い花が金色に輝いて見えるランの花ということから名付けられました。
日本ではありふれた和ランの一種でしたが、1990年代ころから急激に数を減らし、1997年に絶滅危惧II類(VU)(絶滅の危険が増大している種:環境省レッドリスト)として掲載されました。
エビネとキンラン

ニホンサクラソウ(日本桜草)も片隅に咲いていました。
ニホンサクラソウ

そして今回のメインは下に咲いている花ではなく、頭上に咲いているハンカチノキの花です。
このブログでは新宿御苑のハンカチノキを毎年のようにお届けしてきましたが、今回はこちら多聞院です。
この木がハンカチノキ。
ハンカチノキ

そして花がこちら。
花びらに見える白い部分は苞(ほう)と呼ばれるもので、ハナミズキやドクダミの白い部分と同じです。
その中央にある球状の頭状花序とよばれる部分に、複数の小さな花が集まって咲いています。
ハンカチノキの花

ヒラヒラと風に揺れる姿がハンカチのようなのでハンカチノキと名付けられました。
ひらひら揺れる姿をハトの姿に見立てて英語では鳩の木と呼ばれています。
ハンカチノキ、ひらひら

ここ数日の雨で花は傷んでしまったかもしれませんが、見頃はもう少し続いていると思います。
5/1は寅まつりですので、祭のついでに眺めてみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 21:52 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

多聞院 初夏の花(4/27)その1

4/27(土)に見に行った多聞院で咲いていた花を2回に渡ってお届けします。

まだ見頃が続いているクマガイソウです。
雨上がりで、花に雨滴がついていました。
雨滴つくクマガイソウ

クマガイソウの近くに姫射干(ヒメシャガ)が咲いていました。
ヒメシャガは境内のあちこちで咲いていましたよ。
ヒメシャガ(姫射干) アヤメ科アヤメ属の日本特産の多年草。シャガより小型で、似ているから名付けられました。
クマガイソウとヒメシャガ

ヒメイズイ(姫委蕊)というあまり見かけない花も咲いていました。
委蕤は甘野老(アマドコロ)の漢名で、アマドコロの仲間で小型であることから名付けられました。
花筒は長さが1,5pくらい、背丈は13−4pの小さな花で花の先端は淡い緑色をしています。
ヒメイズイ

ツツジの花も見頃でした。花には雨滴がついてきれいでした。
雨滴滴るツツジ

スズランが水仙が咲いていた付近で見頃になっていました。
スズラン

ボタンの合間に丁字草(チョウジソウ)が咲いていました。
丁字草(チョウジソウ) 日本、中国、朝鮮半島に分布するキョウチクトウ科チョウジソウ属の多年草。花を横から見たときに「丁」の字に見えることから名付けられました。
遠かったので花の形がわかりにくくてごめんなさい。
チョウジソウ

今回はここまで。
次回まさかここで咲いているなんて!という花があったのでそれらをお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 21:15 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

多聞院 牡丹

4/27の午前中に訪れた多聞院。
明け方までの雨によって、牡丹にも雨滴が付いていました。
マウスオン→クリックして御覧ください。


雨滴の付いた牡丹です。
雨滴の付いた牡丹

雨滴の付いた牡丹2

紫色の牡丹です。マウスを乗せて御覧ください。


奥の方のボタンにアゲハチョウが止まっていました。
牡丹とアゲハ蝶

牡丹とアゲハチョウ

5/1に寅まつりですが、これから咲く牡丹もありますし、クマガイソウもなんとかもちそうですが、その他の花もいろいろと咲いているので楽しんでください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

多聞院 春の花(4/27) 牡丹が見頃に!

毎週お届けしている多聞院の花日記ですが、今週もお届けしますよ。
先週咲き始めたとお届けしたボタンですが、あっという間に見頃を見かえていましたが、ここのところの悪天候で早くも花が傷んできていました。
きれいなボタンを中心に撮影してきましたのでお届けします。

毘沙門堂と牡丹です。
毘沙門堂と牡丹

毘沙門堂前の狛犬ならぬ狛寅も咲き誇るボタンを見つめていました。
狛寅と牡丹

お地蔵様と牡丹です。
お地蔵様と牡丹1 お地蔵様と牡丹2

毘沙門堂と本堂をつなぐ渡り廊下と牡丹です。
渡り廊下と牡丹

寅まつりの旗と牡丹5月1日には毎年寅まつりが行われます。
西武新宿線航空公園駅から無料送迎バスも運行されますのでぜひ足をお運びください。


参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

鎮守の杜「月の原 花の小径」

先日紹介した「三富・富岡総鎮守 神明社」の本殿裏手の鎮守の杜に憩いの場を提供すると共に、山野草の保護育成を目的に整備されたのが「月の原 花の小径」です。

「月の原 花の小径」

多聞院の隣りにあるので、4/20に訪れた際に一緒に巡ってきました。
さて、どんな花が咲いているのでしょう。

まず見つけたのはスズラン(鈴蘭)でした。
まだ一株しか咲いていませんでしたが、たくさんの株で葉が出ていたのでこれから見頃となります。
花茎が短いので、一般的に栽培されているドイツスズランではなく、日本原産のスズランかもしれません。
スズラン

奥の方でチゴユリ(稚児百合)が咲いていました。
茎の先端に1 cmほどの白い花を一つ咲かせ、その小さな花を稚児(子供)にたとえて名付けられました。
花の位置がちょっと遠くて見にくくてごめんなさい。
これから花の数も増えてわかりやすくなると思います。
チゴユリ

ホウチャクソウ(宝鐸草)もありました。
花が開くと寺院の軒先に下げられている大型の鈴である宝鐸(ホウチャク)に似ているので名付けられました。
花がぶら下がっていましたが、まだ開いておらず、ゴールデンウィークには見頃になりそうです。
ホウチャクソウ

ホームページによるとキンラン(金蘭)もあるらしいんですよ。今回はそれらしいものが見つけられませんでしたが、また週末に多聞院に行くついでに見に行ってみたいと思います。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 21:47 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

多聞院 春の花(4/20) 牡丹咲き始める

ライフワークになっている多聞院詣。
今週も花を見に行ってきました。

今週のトピックスは、牡丹が咲き始めたことです。

境内には300本を超える牡丹がありますが、数本の牡丹が咲きました。
多聞院の牡丹1

多聞院の牡丹2

竹林の直ぐ側に山芍薬(ヤマシャクヤク)が咲いていました。
ボタン科ボタン属の多年草。
花は開くとすぐに散ってしまうので、毎日様子を見ていないと花を見損なってしまうので、咲くまでを楽しむ花だと管理されている方が話してくれました。花が見たいので、管理しているところに花の具合を聞いて見に行ったりもするそうです。
山芍薬

山芍薬2

ナルコユリ鬼の悟りの周囲にナルコユリがたくさん咲いていました。


鬼の悟りとナルコユリ


マムシグサマムシ草も咲いていました。

マムシグサ(蝮草) サトイモ科テンナンショウ属の多年草
直立した茎から葉の鞘に抱かれた花柄を伸ばし仏炎苞に包まれた肉穂花序を付けます。
茎につく斑点を蝮(マムシ)の銭形模様に見立てたのが和名の由来です。



マムシ草、ウラシマソウ、クマガイソウと形の面白い花の揃い踏み
クマガイソウは花の数も増えて壮観です!
マムシ草とウラシマソウとクマガイソウ

クマガイソウの中にエビネも咲いていました!
木陰なのでちょっと見にくくてごめんなさい。
エビネ

クマガイソウの近くに碇草(イカリソウ)も咲いていました。
メギ科イカリソウ属 の落葉多年草
花の形が船の錨のような形をしているので名付けられました。
イカリソウ

シロバナエンレイソウ(白花円齢草)も咲いていました。
ユリ科エンレイソウ属の多年草
食あたりの薬草として用いたことから、エンレイソウ(延齢草) と呼ばれたそうです。
シロバナエンレイソウ

都忘れの花も咲いていました。
都忘れ キク科シオン属の多年草ミヤマヨメナの園芸種
都忘れ

前回紹介した花もまだまだ見られますので是非足をお運びください。
5/1には毘沙門天の化身とされる虎に因んで「寅まつり」が催されます。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 23:53 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

三富・富岡総鎮守 神明社

今回は、埼玉県所沢市中富にある神社「神明社」をお届けしますが、所沢駅近くにある所澤神明社とは異なります。
明治の神仏分離令に寄って分けられた多聞院が隣りにあります。

神明社(埼玉県所沢市中富1507)


元禄9年(1696年)に柳沢吉保(当時川越藩主)が三富新田として上富・中富・下富村を開村した際、一寺一社の制に基づき開拓農家の檀家寺として上富に多福寺を、また中富に祈願所・鎮守の宮として毘沙門社(・多聞院)を創建した。 後に近隣地域より神明社を含む後述の「合祀七神社」を正式に勧請し、1869年(明治2年)[西暦年要検証]の神仏分離令によって西側の境内は当神社として、また東側は寺院(多聞院)としてそれぞれ独立し、今日に至っている。

また1928年(昭和3年)3月に埼玉県史蹟保存として三富開拓遺跡に指定されている。 (Wikipediaより)

御祭神は
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
誉田別尊(応神天皇)(ほんだわけのみこと)
大山祇命(おおやまつみのみこと)
木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
進雄命(すさのおのみこと)

「富(とめ)の神明様」と呼ばれています。
富の神明様の鳥居

鳥居の脇には大きな桜の木が咲いていました。
鳥居と桜

手水舎と神楽殿です。ここにも桜が咲いていました。
神楽殿と手水舎

拝殿です。
富の神明様拝殿

境内には天神社も祀られています。
富の神明様天神社

本殿の隣にいも神社が祀られています。
いも神社は、甘藷乃神(いものかみ)として吉田弥右衛門と青木昆陽を祀っています。
吉田弥右衛門が青木昆陽から遅れること16年のの寛延4年(1751)にこの地でさつまいもの試作を行い、はじめは飢饉対策として、後に江戸にたくさん現れた焼き芋屋用の芋として商業用に作られるようになり、「川越いも」の本場はここなんです。
平成18年11月23日、作り初め255周年を記念して、弥右衛門さんの功績を称えるとともに、関東のサツマイモ作りの元祖である甘藷先生と合わせて『甘藷乃神(いものかみ)』としておまつりするようになったそうです。
いも神社

『甘藷乃神(いものかみ)』です。
いもの神

公共交通機関で行くのはかなり大変なところで、一番近いバス停からも15分程度歩くようなので地図で確認して足をお運びください。



参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

北野天神社の桜(4/13)

北野天神社の夜桜のライトアップ「夜桜あかり」を見に行っていたのですが、見頃の昼には見ていなかったんですよ。
4/7にライトアップが終了し、その後は雨や強い風が吹いてもう散っちゃったかなぁと思いましたが、4/13(土)に行ってみました。

だいぶ散ってはいましたが、まだまだ見られるだけの桜が残っていました。
お月見も楽しんでいたんです。
北野天神社の桜

北野天神社の桜2

拝殿前の桜です。
車のお祓いをしているのか、拝殿前には車が止められていたので全体を写せず、上寄りでズームしています。
北野天神社の桜3

北野天神社境内の神楽殿前にはソメイヨシノではなく、色変わりの桜「鬱金(ウコン)」が見頃を迎えていました。
高倍率ズームで撮影していないので、わかりにくくてごめんなさい。
北野天神社の鬱金

参道脇の植え込みにはホウチャクソウの花がぶら下がりはじめ、もうすぐ開花しそうでした。
だいたいGWのはじめ頃までが見頃なんですよね。
ホウチャクソウ(宝鐸) 花が開くと寺院の軒先に下げられている大型の鈴である宝鐸(ホウチャク)に似ているので名付けられました。
まだ咲いてはいなかったのでアップにはしませんよ。
北野天神社のホウチャクソウ

今週末ぐらいにまた咲き具合を見に行ってみます。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

多聞院 春の花(4/13) 熊谷草咲く

私のライフワークになっている多聞院詣。
今週も4/13に花を見に行ってきました。

今週のトピックスは、熊谷草(クマガイソウ)が咲き始めたことですね。

こちらが熊谷草
ラン科アツモリソウ属に分類される多年草の1種。大きな花をつけ、扇型の特徴的な葉をつける。
和名の由来は、アツモリソウともに、膨らんだうす茶色の花の袋状のところを、源平合戦の熊谷直実(くまがいなおざね)が背負った「母衣(ほろ)」に見立てたものです。
多聞院のクマガイソウ

境内の数カ所に植えられていて、花が咲き始めたばかりで、これから花数が増えて見頃になります。
多聞院のクマガイソウ2

多聞院のクマガイソウ3

雪餅草(ユキモチソウ)の花数も増えて見つけやすくなっていますよ。
多聞院のユキモチソウ

珍しいウラシマソウの青軸素心浦島草も咲いていました。
青軸素心浦島草

キバナカタクリも花数が増えて見つけやすくなりましたよ。
キバナカタクリはアメリカやカナダの山地に自生するカタクリで、日本には園芸用として入ってきた品種で、セイヨウカタクリとかヨウシュカタクリとも呼ばれています。日本のカタクリとは別種ですが花の形が似ていて、開花時期は2週間ぐらい遅め。
多聞院のキバナカタクリ

駐車場脇のしだれ桜も見頃を迎えていました。
多聞院のしだれ桜

モミジの花も咲き始めていました。
もみじの花

前回紹介した、ジュウニヒトエもヒトリシズカもムサシアブミもシュンランもまだ見られます。
そして、もう間もなく牡丹が開花して、さらに賑やかになりますよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 11:39 | Comment(2) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

桜咲く東川

4/6には午前中に多聞院へ花を見に行き、午後は東川沿いの桜見物をしました。
多聞院、そして熊野神社を紹介したので残すは東川です。

東川の桜並木ですが、最初は、東京オリンピックを記念し、西新井町から牛沼に至る全長約2kmの両岸に180本が植樹され、現在では松郷まで約3km、約400本の桜並木となっているとのことです。
東川自体は都市型河川で両岸とも護岸工事されて川辺には下りられないのですが、川に沿って歩けるようになっています。

歩いたのは西武新宿線のガードから下流側で、JR東所沢駅近くの剣道24号練馬所沢線までの片道約3キロの往復です
とにかく川岸には桜がきれいで撮影したいところもたくさん。
個別にどこの桜と紹介しているとキリがないので、まとめた写真をドドーンとお届けするだけにします。

東川の桜1

東川の桜2

東川の桜3

東川の桜4

東川の桜5

東川の桜6

東川の桜7

数が吹くと桜が舞っていました。
東川の桜8

[ここに地図が表示されます]


週が開けてから強風と雨でソメイヨシノもほぼ終わりですね。
これからは八重桜の季節。
そちらを楽しみましょう。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

桜咲く熊野神社

4/6には午前中に多聞院へ花を見に行き、午後は東川沿いの桜見物をしました。
東川を所沢側から下っていくと、すぐに熊野神社があります。
ちょうど、所沢航空記念公園の辺りになります。

熊野神社(埼玉県所沢市西新井町17-33)
西武新宿線航空公園駅から徒歩12分
西武新宿線・池袋線所沢駅から徒歩11分

熊野神社の創建年代等は不詳。
中氷川大明神の者が、新井郷(旧上新井・下新井)の惣社として創建、鎌倉時代から続く社家の三上山城守清定が長禄3年(1457)再興したといいます。
明治5年村社となり、明治43年当社の南正面に鎮座していた向日神社、字上原の十殿神社、字武蔵野の八雲神社を合祀したといいます。

祭神は伊邪那岐命・伊邪那美命・須佐之男命・大名牟遅命・少毘古名命・倉稲魂命・天津彦火瓊々杵命・木花開那姫命・天兒屋根命・天太玉命

境内の桜が咲き誇っていました。
下新井熊野神社

境内の拝殿の写真は紹介しようと桜が咲く前に撮影していたものを使用します。

拝殿です。
熊野神社社殿

参道右手にある境内社です。
境内社子安諏訪神明八幡愛宕

拝殿右手に祀られている八雲神社です。
境内八雲神社

拝殿左奥にも境内社が祀られています。
境内社弁天稲荷八雲日の宮幡織姫命

この神社で大事なのは二ノ鳥居の注連縄で作られた大蛇です。
4/6に撮影した桜とともに。
注連縄大蛇

この注連縄で作られた大蛇は、
子供たちが御神木に棲む白蛇を見ると原因不明の病にかかるため、毎年大蛇のお姿を大切に祀るようにしたら災いは起こらなくなったとそうです。
古い大蛇は古札と共にお焚き上げられ、その火に当たると一年間無病息災で過ごせるといわれています。
桜と大蛇です。
桜と大蛇

所沢航空記念公園のすぐ南側に位置しているので、公園に遊びに来たついでに足を伸ばして参拝されてみてはいかがですか?



参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

多聞院 春の花(4/6)雪餅草など

所沢ではソメイヨシノが見頃を迎えていた4/6(土)の午前中に、いつものように多聞院へ春の花の咲き具合を見に自転車を走らせてきました。

駐車場の脇に植えられたおそらく八重紅枝垂のしだれ桜の花が咲き始めていて、見頃になるのは今週末ぐらいかなぁと言った具合でした。
多聞院のしだれ桜

竹やぶの脇の石組みの前にシュンラン(春蘭)が咲いていました。まさかここで出会えるとは!
多聞院のシュンラン

間もなく咲きそうだと待ちに待っていたキバナカタクリの花がようやく一輪咲きました。
多聞院のキバナカタクリ

ヒトリシズカ(一人静)の花が大勢で賑やかにしていました。
多聞院の一人静

ジュウニヒトエ(十二単)の花も艶やかな姿を見せ始めていました。
多聞院のジュウニヒトエ

浦島太郎が釣り竿を肩にかけて、背中側に釣り糸を垂らしているような姿のウラシマソウも植え込みのあちこちで見られるようになりました。
多聞院のウラシマソウ

ムサシアブミ(武蔵鐙)の花も数が増えて賑やかでした。
多聞院のムサシアブミ

クマガイソウ(熊谷草)は間もなく咲き始めそうで、見頃は週末以降になりそうだと手入れをされている方がおっしゃっていました。
熊谷草の蕾

多聞院の雪餅草そして今回の目玉は、ユキモチソウ(雪餅草)です。
手入れをされている方が、咲いているところを案内してくださいました。

雪餅草(ユキモチソウ)
サトイモ科の多年草
まんなかの白くふくれた部分が雪のように白く、お餅がふくらんだみたいなのでこの名になったそうです。


その他、低灌木の花がいろいろと咲き始めていました。
これからクマガイソウが咲いて、ボタンが咲いてと見頃が次々にやってきます。
とても楽しみです。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

北野天神社 桜のライトアップ「夜桜あかり」 その2

4/2に航空公園の記事を更新してからはや1週間。
その間に所沢ではソメイヨシノは満開を迎え、週末にはお花見が楽しまれました。
私も土日にお花見を楽しんだりしました。
中でも一番楽しんだのが、以前も紹介した北野天神社で今年始めて行われた桜のライトアップ「夜桜あかり」です。
3/30・31,4/6・7の4日間行われたのですが、全てに行って楽しんでしまいました。
何がいいかって、神社を大切に思う気持ちのこもったライトアップで、企画された方や宮司さんや禰宜さん、氏子の皆さんなどの手作りで、心温まり、落ち着いた雰囲気の中で鑑賞できる素敵なライトアップでした。

4/6には祭礼用の幟旗も掲げられた中でのライトアップはとても印象的でした。
幟旗を掲げた北野天神社のライトアップ

北野天神社の幟旗

満開の桜の木の下での宮司さんの龍笛の音も心洗われる素敵なものでした
桜の下で龍笛の音

境内に響く龍笛の音

最終日の昨夜も龍笛の音が響き渡りました。
北野天神社 夜桜あかり

ほんとに落ち着いた雰囲気で、いいライトアップでしたよ。
ご近所の方でもこれだけ大きな桜があるとは知らず、今回のライトアップで知ってびっくりされていて、北野天神社の魅力を知った方が多かったようですね。
そういう意味でも本当に素晴らしいライトアップだったと思います。

北野天神社は本当に素晴らしい神社ですよ。

準備してくださった関係者の方々に本当に感謝です。
素敵なライトアップを楽しませてくださりありがとうございました。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
どうもありがとうございました。
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

所沢航空記念公園の桜

所沢でもソメイヨシノが見頃を迎えています。
とはいっても、けっこう木によってばらつきがありますが。

所沢近辺でお花見といえば所沢航空記念公園の桜です。
広い敷地のアチラコチラに桜が植えられていて、週末はとても賑わいます。
この週末は寒くて見頃前だったのでどうだったでしょうね。

今日の夕方、ちょっと寄ってお花見してきました。
いかにも所沢航空記念公園らしくC-46輸送機と放送塔が入るように桜を撮影してみました。

公園の中心にある放送塔。近くの園内マップを入れて桜で装ってみました。
公園マップと放送塔と桜

桜と放送塔です。上の方の花がまだ開ききっていませんね。
放送塔と桜

図書館近くの桜山から放送塔とC−46輸送機を眺めました。
所沢航空記念公園の桜

桜の間の放送塔とC−46輸送機です。
放送塔とC-46と桜

桜の間からC−46輸送機です。
C-46と桜

今日はここだけでしたがお花見するところはいろいろあります。
今週末も楽しめますよ。



参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 23:06 | Comment(0) | .所沢 桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

新光寺 桜のライトアップ

桜の季節が続いてますね。
気温が低めなので、少し長く楽しめそうです。

今回は、所沢市にある新光寺の桜のライトアップです。

新光寺については、「新光寺」を御覧ください。

門前からライトアップされたしだれ桜です。
新光寺のライトアップ

門に刻まれた模様の隙間を通してライトアップされた桜を見てみました。
新光寺のライトアップ2

新光寺の枝垂れ桜・ライトアップ境内に入ったところから、ライトアップされた大きなしだれ桜を撮影。
駅からそれほど遠いといったことはありませんが、見に来ている人はまばらで、ほぼ近所の方のようでした。


新光寺の枝垂れ桜・ライトアップ2境内中央付近から撮影しました。
しだれ桜の後ろはすぐ住宅なので静かなのがちょうどいいのでしょうね。


境内中央にはソメイヨシノが咲いていて、こちらにもライトがあたっていました。
こちらはまだ満開手前だったので、次の週末も楽しめそうでした。
新光寺の桜のライトアップ

新光寺のライトアップは3/30・31,4/5・6の4日間の予定(雨天中止)で行われますので、残すは2日です。
住宅街の中なので見学される方は騒がないようにしましょう。



参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ 
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | .所沢 桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする