2018年06月27日

父が他界しました

すでに2ヶ月も更新をしていないこのブログ。
家の片付けなどに終われ、のんびり撮影気分ではなかったのが大きいのですが、今月に入父が入院し、病院に行くなどでさらに撮影機会がありませんでした。

そんな中、6/26 午後 父が他界いたしました。
83歳でした。
母と同じ6月に他界するとは。
病院から連絡が来たときには、呼吸も止まり脈も取れない状態とのことでしたが、私が到着する時間を伝えたところ、それまでなんとか頑張ってみますとのことで急ぎ駆けつけました。
到着した時、かろうじて脈を打っていたのですが、妹と二言三言交わしているうちに、呼吸も脈も停止し、お医者さんが手を尽くしてくれましたが、これ以上は手のつくしようがないし、苦しめることにもなるとのことで、死亡が確認されました。
内蔵などには病的なものはなかったので、また老人ホームに戻ってくれることを願っていたのですが、残念な結果となりました。
特に大きな病気をすることなく、最後は肺炎という診断ですが、体力がなくなり食事も取れなくなって衰弱して抵抗力が落ちてのことで、一昔前にはよく言われた老衰ですね。
生前に、手術は嫌だし、チューブで生き続けるのは嫌だと言っていました。
最後は抗生剤と栄養点滴はつながっていましたが、20日間の入院で手術することもなく、最低限の点滴だけで、苦しそうな顔をすることなく旅立てたのは良かったと思います。
私も最後は苦しむことなく旅立ってほしいと思っていたので、残念ではありますが、最後の様子には良かったと思っています。
実は、昨日は我が家の売却の契約をする予定でいたんですよ。
父は売ることは了承していたのですが、昨日契約することは伝えていなかったんですけど、感じとって売却が決まる前にと旅立つ覚悟を決めたのかもしれません。
こういうことって何かしらありますよね。

蒸し暑い日が続きますなので、皆様も体に気をつけてください。
posted by ブドリ at 07:46 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする