2017年11月13日

タヌキ三昧・目黒自然教育園

11/11の土曜日、新宿御苑に行くか、皇居東御苑に行くか、目黒自然教育園に行くか悩んだ末、見られるかわからないタヌキを期待して目黒自然教育園に行ってきました。
これがなんと大正解!

この2年でタヌキを見たのは5回ほどで、見かけた場所も似た場所なので、今回もその付近を重点的に見てみようと思っていたら、見るまでもなく・・・!

園路を歩いていたら、右手のヤブの中でガサッ、ガサッと、ハトが落ち葉をかき分けているのとは違う感じの音がしたので、何かいるなと音のする方向を見てみると、なんとタヌキがいるじゃないですか!
タヌキをびっくりさせないよう気持ちは急ぎながらも動きはゆっくりと、カメラを構えて狙いを定めると、こっちをむきました。近くにいたご婦人二人組にも教えてあげ、その後、近くにいた入園前ぐらいの女の子一家にも教えてあげました。
タヌキ1

不味い!と思いましたがカメラを構えたままじっとしていると、タヌキはこちらにお尻を向けてゆっくりと土塁の上の方へと向かいました。
タヌキの後ろ姿

そして、土塁の上に上って落ち葉をかき分けて、木の実か虫を探しているようで、その合間にチラッと顔を見せてくれました!
このあと、土塁の向こうに姿が見えなくなりました。
タヌキの顔

この位置だと、餌を探しながら動いたとして、1時間後ぐらいによく見かける場所に移動するかなぁと予測して、池の周りを散策してから、ちょっと早いとは思いながらも移動開始。
その途中の園路脇で、またガサッ、ガサッとさっきのような音がしたので、まさか〜と茂みの中を覗いてみると、またタヌキがいました!
茂みのタヌキ

前のタヌキと同じタヌキか私にはわかりませんが、ここあと、このタヌキを16時過ぎまで1時間以上追いかけてしまいました!

この茂みの中のタヌキを見続けていると、横を通る人に声をかけられ、タヌキですと教えたり、近くを通る子供連れの家族に教えてあげたりしてました。
タヌキは人が増えても、追われないと安心しているのか、全く逃げないんですよ。
たぬきさん

タヌキは右へ左へと落ち葉の中を探りながら移動していたのでそれに合わせて私も動いていました。
タヌキがいるよと教えてあげたカメラを持った男の子に、こっちのほうが見えるよと声をかけてあげました。
その場所がここ。よく見えるでしょ。
逃げないタヌキ

男の子を前にしてあげて見ていると、なんと見晴らしのいい水辺に入り、渡っていきました。
まさに男の子から1.5mぐらいの所でした!
水辺を渡るタヌキ

水辺を渡って遠くに行ってしまうかなと思ったら、今度は私の左側に渡ってきてくれました。
狸

このあとも男の子もちょっと見ていたのですが、先に行かないと遅くなっちゃうからそろそろ行くよとお父さんに促されて行ってしまい、また一人で見守り続け、1時間以上も右へ左へと移動する姿を追い続けました。
この後の様子はスライドショーでご覧ください。
タヌキ三昧

こんなに長時間、たぬきを見られるなんて驚きです。
この日は99%がタヌキの写真!
しかも500枚以上。茂みの中の暗いところでの撮影のうえ、タヌキはじっとしてませんから、大半がブレちゃっているので見せられるようなものではなかったのですが、結構正面から撮影できてよかったです。
タヌキは基本的に冬眠はしないので冬の間も見られますが、本格的に寒くなる前に脂肪を蓄えるために餌探しに夢中な今の時期が見るにはいいタイミングかもしれません。

でも、食べ物は絶対に与えないでください!
若い女性が鞄の中をガサガサとしていたので、これは食べ物をあげようとしてるなと思い、注視していると、パンをちぎってあげようとしたので、餌付けはしちゃダメだよと一言注意してやめてもらいました。
貴重な野生のタヌキさんに余計なものを食べさせて体調を崩してもらいたくないですし、人との距離を不用意に縮めて欲しくないですからね。
動物の悲劇を増やさないためにも、ペットと野生の動物の区別をしっかりと学んでもらいたいものです。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:17 | Comment(4) | .自然教育園 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

くじらぐも

天空庭園でダイヤモンド富士を撮影したあとのことです。
気持ちよく撮れた〜と空を見上げた時、空をクジラが泳いでいました。
クジラに見えませんか?
くじらぐも

NHKで金曜の22時から放送されている、「この声をきみに」というドラマがあります。
このドラマで小学校一年生の国語の教科書に載っている「くじらぐも」という詩の朗読がありました。
竹野内豊が子供に読んであげるのですが、なかなかいいものです。
そんな事があったので、空を見た時、すぐに「くじら!」と思いました。

想像は自由ですからね。

空を気持ちよさそうに泳ぐクジラ。
空から富士山を眺めていたんでしょうかね。
もしかしたらダイヤモンド富士を見に泳いできていたのかもしれません!
富士山上空を泳ぐくじらぐも

楽しい一日でした。

「くじらぐも」はこちらに飛んで、下の方に載っています→http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~kokugo/nonami/2004zemi/kyoudou/3kennkyu.html

空もいいですね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
タグ: くじら
posted by ブドリ at 22:44 | Comment(0) | 空色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

ダイヤモンド富士・天空庭園

この秋は天気が悪い日が多かったのですが、それを抜けたらいい天気の日が多いですね。
いい天気が続くと気温も上がって、富士山が見にくくなるのがいつもの秋なのですが、今年は富士山がよく見える!
雨で洗い流されて空気がきれいなのか、気候がちょっとおかしいのかはわかりませんが、ありがたいことです。
富士山が見えるとなればおいおかけているダイヤモンド富士。
11/3の文化の日は目黒区大橋にある天空庭園からのダイヤモンド富士。
天空庭園がどこにあるかというと、首都高大橋ジャンクションの上にあります。
上?ですよね。
大橋ジャンクションはグルグルとループしているのですが、そのループ部分を建物で覆い、その屋上部分に天空庭園が作られました。
建設当時から気になっていて、出来上がったら行こう行こうと思いつつ、なかなか行くチャンスがなく、今回ようやく行ってきました。

家から汗だくになりながら1時間10分も歩いて到着。
すでに数名のダイヤモンド富士マニアと、何処かであった人もいたので場所の確認をして、撮影場所を考えていたら、知り合いがまた一人やってきました。
撮影時には10名を超える人と、たまたま来た人なども加えて20人ぐらいいたかと思います。

富士山は写真中央。肉眼だとしっかりと見えていました。
天空庭園からの見晴らし

ズームして富士山を見やすくします。
太陽が掛かる前に富士山が見えるとセッティングにはありがたい。
大抵は見えなくて、太陽のしずむのに合わせて慌てて調整するんです。
富士山

16時半過ぎ、太陽が富士山にかかり始めました!
富士山にかかりはじめ

そして、富士山の頂上にきれいに乗っかった状態です。
ダイヤモンド富士

太陽が富士山の向こう側に隠れようとする瞬間です。
太陽が隠れる瞬間

太陽が隠れると、富士山の影が空に浮かんでいたのですが、ちょっと雲があってはっきりしませんね。
浮かぶ富士山の影

富士山と夕景です。
富士山夕景

この秋はここ数年の不作がウソのようにダイヤモンド富士が見られています。
東京から見ると、富士山の山頂の幅と太陽の直径がほぼ同じに見える。
これってなんとも不思議だと思いませんか?
偶然の一致なのですが、不思議ですよね。
徳川家康はこれを知って江戸に幕府を移すきっかけにしたなんてことはないんですかね。
当時はダイヤモンド富士なんて読んでませんけど、きっと江戸城から眺めていたと思いますよ。
ちなみに天守閣からだと、11/6に見られたんですね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:32 | Comment(2) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

ダイヤモンド富士・恵比寿ガーデンプレイス

11/1は恵比寿ガーデンプレイスでのダイヤモンド富士!
よく晴れてこれまたまたとないチャンス!

よく晴れて暖かくなると富士山がもやって見にくいのが秋の空!
太陽が富士山にかかるまであと2分ぐらいとなっても見えないんですよ。
SIMGPJ2476.JPG

これまでの経験+スマホアプリの力を借りて、富士山の位置を予測してカメラをセッティング。
そしてそろそろかかる頃だろうと今回はとにかく連写!とにかく撮り続けました!
撮影した写真を動画にしました。
わずか3分半の出来事です。
撮影中は全く気が付かなかったのですが、はじめにヘリコプターが飛んでいたんです。


沈む直前、ちょこっとだけ頭を出した太陽です。
ダイヤモンド富士

このあとも見続けていると、富士山が浮かび上がるように、富士山の影が浮かび上がり、二重に見えていました!
浮かび上がる富士山の影

富士山の付近をトリミングするとよりはっきりとわかります。
富士山の影

日が沈んだ後、空はなんとも言えない色合いが相を成していました。
微妙な色の変化は美しすぎる!
何相系の空?

眺めていると街はどんどん暗くなりm日が暮れるのが早くなったなぁと感じていると、次第に明かりが灯りだし、街は夜の顔へ、そして空はさらに深い色へと変わり、いつまでも見とれていました。
夕景

天気が悪い秋が続きましたけど、冬の足音が聞こえだした途端、綺麗な空を見せてくれるようになりました。
年賀状も発売されましたし、11/3からはあちこちでクリスマスイルミネーションが灯りだし、一気に年末の雰囲気が漂いだします。
11/6には酉の市もはじまり、江戸も冬に突入していきます。
いろいろ思うところはありますが、間違いなくまた季節が変わっていきます。
季節を感じ、時の流れを感じ、穏やかに過ごしていけるといいですね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:08 | Comment(0) | .富士山 ダイヤモンド富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする