2017年08月08日

アカボシゴマダラ・新宿御苑

前回の最後の最後の写真で予告した蝶をお届けします。
SIMGPI2737.JPG

手前にいる写真は、すでにわかっているようですが、アカボシゴマダラという蝶です。
アカボシゴマダラ

実はこの蝶「要注意外来生物」なんですよ。
よく見られるこのチョウのタイプは中国大陸産で、日本に飛来することはないタイプのチョウでした。
このチョウが、1995年に埼玉県秋ヶ瀬公園などで突然発見され、その後、神奈川や東京などでも見られるようになり、2010年以降は埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県へと関東全域に分布を拡大し、そのご、静岡県や愛知県などでも確認され、分布の拡大が続いています。
自然の分布域から飛び離れていることや、突如出現したことなどから蝶マニアによる人為的な放蝶(ゲリラ放虫)の可能性が高いといわれています。
幼虫がエノキの葉を食草とすることから、オオムラサキ・ゴマダラチョウ・テングチョウなど、幼虫期にエノキを利用する蝶類への影響が危惧されています。

たしかに見た目はきれいなのですが・・・
アカボシゴマダラ

ミズキの葉に止まったアカボシゴマダラです。
ミズキに止まったアカボシゴマダラ

驚かさないようにそうっと近づいて激写!
だれ?という感じで首を傾げた?
首を傾げたアカボシゴマダラ

放たれた蝶に罪はないだけに、可哀想な蝶です。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:05 | Comment(2) | .新宿御苑 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする