2017年05月12日

小石川植物園散策

小石川植物園ではたくさんの花が咲いていましたが、その中から二つお届けします。
まず一つ目。
さて、なんという木かわかりますか?
この木は通称「ナンジャモンジャの木」と言います。
正式名称ヒトツバタゴ
明治時代、東京の青山練兵場(今の明治神宮外苑)の道路沿いにこのなんじゃもんじゃがあって、名前がわからなかったので「何でふ物ぢゃ」とか呼ばれているうちにいつのまにか「なんじゃもんじゃ」という名前になってしまったそうです。
ナンジャモンジャの木

ナンジャモンジャの木といわれるものには「ニレ」「コレ」「イヌザクラ」「ボダイジュ」「クスノキ」「アブラチャン」「カツラ」等いくつもあるのですが、たいていはこのヒトツバタゴ(一つ葉田子)のようです。
白い花が雪が積もったように咲くヒトツバタゴです。
ヒトツバタゴ

プロペラ状の小さな花がたくさん集まって、白い雲のようになっているんですよ。
ヒトツバタゴの花

お次は水の中に咲いているこの花、何でしょう?
水芭蕉

見頃を過ぎていたのですが、ミズバショウです。

夏が来れば思い出す はるかな尾瀬 とおい空
きりの中に浮びくる やさしい影 野の小路
みず芭蕉の花が 咲いている

と歌われるミズバショウです。
東京の真ん中でも見らっるんですよ。
ミズバショウ

他にもいろいろな花が咲いていたのですが、これだけでご勘弁下さい。

次回は小石川植物園で別に珍しくはないけど、私ははじめてであった蝶をお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小石川植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする