2017年05月01日

アミガサタケ・皇居東御苑

4/23(日)の皇居東御苑で珍しいものを見つけちゃいました!

それがこれ!わかりますか?
かさが網目をした、見た目通りのアミガサタケといいます。
私もはじめてみました。
アミガサタケ

きのこといえば秋というイメージがありますが、春に生えるキノコも、夏に生えるキノコもあります。
そしてこのアミガサタケは春に生えるキノコの代表格なんだそうですが、お初です。
主にサクラ、モミ、トウヒなどの木の傍らに孤生ないし群生するそうですけど、いろいろみると様々な所に現れるようです。
皇居東御苑では群生はしておらず、近くにもう1本出ているだけでした。
奥にありますけどわかりますか?
2本のアミガサタケ

もう1本のアミガサタケ
生で食べると有毒だとされてて、食べる際は茹でこぼすなどして、十分に加熱処理を行う必要があります。
日本では出回りませんが、海外ではモリーユ(モレル・Morel)と呼ばれ人気の食材なんだそうです。
アミガサタケ2

見回すといろいろなものがあちこちにありそうですよ。
よく見回してみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン