2016年07月31日

ガーデニング記録 2016/7/31 夏真っ盛り

梅雨が開け夏本番。
庭の花も夏真っ盛りです。

小さくて目立たないフウセンカズラの花が咲きました。
この花からあの風船ができるんですけど、無事にできるでしょうか?
小さなフウセンカズラの花
小さなフウセンカズラの花 posted by (C)ブドリ

毎日朝顔の花が咲いてくれています。
赤系の花がなかなか咲いてくれないのですが、青系の花は頑張っています。
紫の絞りはなかなかいい。
今日も咲いたアサガオ(紫の絞り)
今日も咲いたアサガオ(紫の絞り) posted by (C)ブドリ

その他の花・植物の様子です
ミニブッドレアの花は咲き続けています
ヤブミョウガの花が終わりました
ヤブコウジの花が終わり、小さな実がついています
ナンテンは散りました
山椒の葉が広がっています
藤は蔓がどんどん伸びて困ります
クロッカスは球根の休眠状態
チューリップは球根の休眠状態
スイセンは葉が枯れ休眠状態
ミニバラは切り詰めた後の花が咲いています

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

ミンミンゼミの羽化

7/29の夕暮れ。
ISS(国際宇宙ステーション)の撮影に林試の森に行きました。
夏の夕暮れといえば、セミが羽化い始める時間。
撮影場所に行く途中、地中から這い出してきて羽化しようとしている蝉の幼虫はいないかなぁと見回しながら歩いていました。
毎年夏になると毎日のように抜け殻がぶら下がっているロープ柵をチェックすると、ロープを繋ぐ杭の上をミンミンゼミの幼虫が歩いているのを発見しました。
ミンミンゼミの幼虫

ウロチョロしているのでうかを始めるまでにまだ時間があるなぁ。
羽化する場所を見つけてから羽化し始めるまで10分ぐらいで、抜け出るまでに1時間ぐらいかかるから運が良ければISS(国際宇宙ステーション)の撮影を終えたあとに羽化しているところが見られるかもなぁと思っていました。

そして無事にISSが北斗七星を横切るところを撮影。
その写真は 銀河鉄道の月 2016年7月29日 北斗七星とISS(国際宇宙ステーション) を御覧ください。

撮影を終えての帰り道。さっきの幼虫はどこだぁと探したのですが、姿が見えないので、かなり移動したか、ちびっ子に見つかって持ち帰られたか?なんて思いながら念入りに探すと、先ほどの杭の後ろに止まって背中が割れてちょうど羽化し始めたところでした。
羽化し始めたミンミンゼミの幼虫

うかは半分以上進んでいてもおかしくないのに、このタイミングで羽化し始めたということは私を待っていてくれたとしか思えないので、お腹が空いて帰ろうとしていた足を止め、どっしりと腰を据えて、写真を撮ることにしました。

ISSで使用した一眼は写真の枚数も多く、広角レンズだったので、セミを大きく撮影するには不向き。念のため持ってきていたCASIO EXILIMで連続撮影することにしました。
久しぶりにEXILIMでの連続撮影で設定どうするんだったかとまごついている間に背中の割れがどんどん大きくなってきて焦るばかり。
それでもなんとか設定して、20:08から、抜け出で羽根を伸ばし終えるまで30秒間隔で連続撮影開始。
抜け出て羽が伸びた21:00までの約52分(3120秒)を30秒の動画にしました。


抜け出て、羽が伸びてきたところで画面からはみ出してしまったのは残念ですが、お楽しみいただけたかと思います。

セミは日が傾いてくると土の中から這い出ようと様子をうかがいながら、穴を開け始めます。
地中にいながら日の傾きを感じるのは地温の変化を敏感に感じ取ってるのでしょうね。
この時から危険が迫ります。土の中でもぞもぞし始めると、その振動を感じとったカラスがくちばしでつついてセミの幼虫を食べてしまいます。
無事に地上に出て、カラスから逃れた幼虫も気が抜けません。
羽化する場所を定め、じっとしてから抜け出て体が乾くまでの長い時間も危険がつきもの。
アリの通り道に定めてしまったり、たまたま1匹のアリに見つけられてしまうと、抜け出し始めた柔らかい体にアリの口が容赦なく突き刺さり、抵抗するすべがないセミはあえなく食い破られて絶命してしまうんです。
ほんとに命を賭けた羽化なんですよ。

風の強い日や大雨の日はあまり見られず、その翌日は2日分のセミが羽化するからなのかたくさん見られるそうですよ。
セミの羽化は8月の上旬がピークなのでお盆ぐらいまでに探してみてください。
桜の木の周りや、地上に穴がたくさん開いているところを見つけたらその付近を中心に探せば見つかると思いますよ。

この日の撮影中、カブトムシを取りに来たという親子に話しかけられたり、「セミが出てきた時は白いんだ。初めて見た」という彼女を連れたカップルに話しかけられたりしました。
結構、しゃがみこんでいる私が何を撮影しているか気にする人はいるんですよね。
そんな中でも、暗い林試の森内をスマホ画面をじっと見て歩くポケモン奴隷が何人も通り過ぎていきましたが、こういう人たちは周りが何をしているかってなんにも気にしないんですよね。
そんな仮想空間の生き物よりもこの現実に生きてる生の力強さを見ろよと言いたいところでしたが、言っても仕方ないなので、ぶつかってくれるなよとだけ思っていました。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年8月のお月見情報

7月は関東・東北では雨は少ないけど天気が悪い梅雨が長かったですね。おかげで天体観測がまともにできる日がほとんどありませんでしたね。

梅雨明けして8月に突入したら少しは期待して、天体望遠鏡の整備など準備をしておきましょう。

それでは、2016年8月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

8月中 火星とアンタレスが大接近

8/3(水) 05時45分:●新月

8/6(土) 夕方から宵、西の空で月と木星が接近

8/11(木) 03時21分:上弦

8/12(金) 夕方から13日の未明にかけて、月と土星が接近
      20時47分:月が土星の北03°40′を通る
      21時:ペルセウス座流星群が極大(出現期間7月20日〜8月20日)
      22時22分:月と土星が最接近(東京:02°55′)

8/17(水) 06時21分:水星が東方最大離角(27.4°、0.3等、視直径07.4″)

8/18(木) 18時27分:○満月
      はくちょう座κ流星群が極大のころ(出現期間8月8日〜8月25日)

下旬 火星と土星が接近
      金星と木星が大接近

8/24(水) 23時56分:火星とアンタレスが最接近(01°47′)

8/25(木) 02時53分:火星と土星が最接近(04°21′)
      12時41分:下弦

8/28(日) 07時29分:金星と木星が最接近(00°03′)夕方、西の低空で金星と木星が大接近

8月になると夏の流星群も忙しいですし、火星の動きに大注目。日々位置を変えていく様子を追いかけてみると夏休みの宿題にもいいかもしれませんよ!
しばし、夜空を見上げて暑さを忘れてみませんか。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .天体観測 暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

川崎大師平間寺風鈴市2016 その3

川崎大師平間寺の風鈴市の3回目です。
今回も風鈴をお届けします。

京都 清水焼風鈴
清水焼風鈴

茨城 石の風鈴
石の風鈴

沖縄ビードロ風鈴
沖縄ビードロ風鈴

福岡上野(あがの)焼風鈴
福岡上野焼風鈴

愛知 瀬戸焼風鈴
瀬戸焼風鈴

群馬 上州ガラス風鈴
上州ガラス風鈴

ほんの一部だけお届けしました。
全国には実に様々な風鈴があって、いろいろな音色を奏でるんです。
ぜひ見て耳を傾けてと言いたいところですが、もう終わっちゃったんですよね。
来年の風鈴市を首を長くしてお待ち下さい。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

川崎大師平間寺風鈴市2016 その2

川崎大師平間寺の風鈴市の2回目です。
今回と次回の2回に渡って風鈴をお届けします。

まずは川崎大師風鈴市名物の厄除けだるま風鈴です。
主な色は赤・白・透明です。白が写ってなくてごめんなさい。
だるま風鈴・赤 だるま風鈴・白

今年からなのか、去年からなのか、いろいろな色の厄除けだるまが売られていました。
厄除けだるま風鈴1 厄除けだるま風鈴2

この後は幾つかの風鈴をパパっとお届けします。
福島 喜多方風鈴
喜多方風鈴

山梨県 甲州風鈴
甲州風鈴

江戸風鈴
江戸風鈴

北海道 どさんこ風鈴
どさんこ風鈴

長野 諏訪ガラス風鈴
諏訪ガラス風鈴

兵庫県 明珍風鈴
平安時代から続く甲冑師の家柄である名珍家。その類まれなる技術と伝統を受け継ぎ、戦後、伝承の技術を生かし、51代名珍宗之氏が『火箸風鈴』を考案。52代名珍宗理氏が完成させたもの。
明珍風鈴

今回はここまで。
また次回。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:14 | Comment(5) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

川崎大師平間寺風鈴市2016 その1

恐れ入谷の鬼子母神の朝顔市、浅草寺のほおずき市が終わり、次の風物詩は比較的あたらしい、川崎大師平間寺の風鈴市です。
今年で21回目と、あたらしい風物詩なのですが、2016年7月19日(水)〜24日(日)の5日間、今年も北は北海道から南は沖縄まで、全国47都道府県から、 約900種類、 30,000個の風鈴を一堂に集め、 全国の風鈴の音色が響き渡ります。

京急川崎大師駅から歩いて、川崎大師の仲見世通りです。
7/23(土)だったので、さすがに人では多かったですよ。なかにはポケモンマスターもいましたけど、新宿御苑ほどウジャウジャとはいませんでした。
川崎大師の仲見世通り

仲見世通りを通り抜けると、大山門がそびえています。奥には八角五重塔がそびえ立っています。
大山門は、昭和52年に建立され、堂塔伽藍をかこう浄域結界の総門です。
八角五重塔は昭和59年の吉例大開帳ならびに弘法大師1150年御遠忌を記念し落慶されました。
川崎大師 大山門と八角五重塔

大山門をくぐると、左側に恒例の風鈴市が催されています。
川崎大師風鈴市

大本堂側から大山門を見て右手側です。
大山門と風鈴市

大本堂の前にずらっと吊るされた風鈴です。
風が吹いて一斉に鳴り出すといろいろな音が混じってうるさそうに思えますけど、これが耳を傾けられるんですよ。風鈴の音は心地いいんですね。
大本堂の前の風鈴

大本堂前の風鈴越しに見た八角五重塔です。
風鈴と八角五重塔

いよいよ風鈴市へ。

風鈴納め所において、僧侶により「納め風鈴法楽」が執り行われるんですよ。
納め風鈴法楽

いよいよ風鈴市の風鈴ですが、それは次回。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

異常な社会現象に気味悪さ

日本でもポケモンGOが配信され、良くも悪くも社会現象化しています。
歩きスマホに注意と言っても、歩きスマホは激増しています。

昨日(24日)に新宿御苑に、ナンバンギセルなどの撮影をしようとでかけたのですが、券売機の前に大行列で、お花見シーズンに近い人出でしたが、その9割はスマホしか見ていない人間ばっかり!

あっちでもこっちでもこれですよ
SIMGPD4270.JPG

数人で歩いている人が多いので邪魔だし、見つけた!と言っては急に立ち止まったり、通路の脇にずらっと立ち止まって花の写真は撮れないし、もう迷惑の一言。
SIMGPD4272.JPG

いや、この集団に気持ち悪いの一言ですよ。
SIMGPD4274.JPG

まったく周りの迷惑を考えない、自分さえ良きゃいいって人がこれだけいるってことですよ。
企業は自分たちさえ儲けられりゃ、誰に迷惑かかろうとお構いなしって姿勢ですし、政治家も問題を起こしながら、迷惑をかけたのなら謝りますという姿勢なので、人間が他人の迷惑なんか関係ないというのも当然なんでしょうね。
全世界的に人間が身勝手になってるのがよくわかります。

ベビーカーを押しながら夫婦で夢中になってるのもいるし、歩きスマホどころじゃないし、死ぬなら他人は巻き込まず自分たちだけ死ねと思いますよ。
交通事故が起きたら、歩きスマホ側にすべての責任を負わせるぐらいの法律を作ってもいいと思いますよ。それぐらいしないと周りの安全が図れない。

ヒトラーのように振る舞わなくても、こういうアプリを使えば、洗脳は簡単そうだし、人間の意識をあらぬ方向に向けるのも簡単だと思えますね。
一つの実験をされているようにしか思えないんだけどなぁ。

こういうのを見て気持ち悪いとか気味悪いと思う私が異常なのでしょうか?

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
タグ:新宿御苑
posted by ブドリ at 21:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

ガーデニング記録 2016/7/24 次々に開花するアサガオ

雨は少ないけど天気が悪い日が多い長い梅雨。
一体いつ梅雨は明けるのか?という感じですが、植物は頑張ってますね。

今週のガーデニング記録をお届けします。

開けない梅雨の中、つぎつぎに開花するアサガオ。今日も明日も、たぶん明後日も。
続々と開花するアサガオ
続々と開花するアサガオ posted by (C)ブドリ

その他の花・植物の様子です
ミニブッドレアの花は咲き続けています
ヤブミョウガの花が咲き続けています
ヤブコウジの花が終わり、小さな実がついています
ナンテンは散りました
山椒の葉が広がっています
藤は蔓が伸びすぎ、どうしよう
クロッカスは球根の休眠状態
チューリップは球根の休眠状態
スイセンは葉が枯れ休眠状態
フウセンカズラのつるがぐんぐん伸びています
ミニバラは切り詰めた後の花が咲いています

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

絵本「新版 星空キャンプ」

お子さんたちは夏休みですね。
どこかに行きたいとか騒いでいませんか?
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、こんな夏休みもいいかなぁと思う、復刊絵本です。


「新版 星空キャンプ」
村上康成 作・絵
講談社

湖のほとりにキャンプして1週間。
月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。
火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。
水曜日、小さな湖がひとつだけ、風も音も、なにもありません。
木曜日、ハンモックでうとうと。
金曜日、キイチゴつみ。
土曜日、ともだちができました。
日曜日、・・・
あっという間のミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

自然に触れて、感じる貴重なキャンプ
スマホや携帯ゲームから離れてこんな1週間もいいかもしれませんよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年7月後半のISS(国際宇宙ステーション)情報

ここしばらくISS(国際宇宙ステーション)観測は夜明け前というよりも真夜中となり、観測しにくい日ばかりでした。

7月後半のさらに後半になると、日没後に見え、しかも長く見られるようになるので絶好の観測機会が到来です。念入りに準備をして追いかけてみてください。
2016年7月後半のISS(国際宇宙ステーション)情報をお届けします。

高度が高くて比較的見やすそうなものを中心にお伝えします。高度が低くても場所によっては見られるかもしれませんのでその他の日時や詳細は

ToriSat - 国際宇宙ステーションを見よう

きぼうを見よう(JAXAのサイト)」

Heavens-Above」



ISS(国際宇宙ステーション)観測におすすめのアプリ
アンドロイド用 ISSディテクター
iPhone用 ISS Finder

どちらも現在位置からISSの通過予測時間前にアラームで通知してくれるので見忘れることがありませんよ。
他にもいろいろなアプリがありますので、自分にあったアプリを探してみてください。

以下の情報は主に「Heavens-Above」を参考にしています。

7月後半の東京で見やすい条件の国際宇宙ステーション(ISS)情報です。
見え始めの時間と方位、最大仰角時の時間と方位・角度、予想される明るさ(等星)をお伝えします。
直前に変わることもありますのでご了承ください。
7/26(火) 20:36 南西(236°)  20:39 北西(319°) 66°  20:42 北東(43°)   -3.0 スピカ・アルクトゥルスの近くを通過し長く見られます。
7/27(水) 19:43 南南西(213°)  19:46 南東(135°) 54°  19:49 東北東(57°)   -3.3 火星・土星の上を通過し、長く見られます。
7/27(水) 21:20 西北西(289°)  21:23 北北西(331°) 17°  21:25 北北東(13°)  -0.2 最高点付近で北斗七星の下を通過します。
7/28(木) 20:27 西(265°)  20:30 北西(326°) 27°  20:32 北北東(27°)  -1.1 木星付近から現れて、北斗七星の柄杓を横切りそうです。
7/29(金) 19:33 西南西(242°)  19:36 北西(320°) 53°  19:40 北東(39°)  -2.5 木星とスピカの間を通過し、北斗七星を横切ります。
7/30(土) 20:18 西北西(296°)  20:20 北北西(332°) 15°  20:22 北(9°)  -0.1 木星の下側から現れ北寄りの低い空を通過します。
7/31(日) 19:24 西(271°)  19:27 北西(327°) 24°  19:30 北北東(23°)  -0.7  木星の下側から現れ北寄りの低い空を通過します。

7月後半は連続してISS(国際宇宙ステーション)が見られるチャンスがあります。梅雨入り後となるでしょうからISS(国際宇宙ステーション)を眺めてみてください。
大西宇宙飛行士が滞在中ですから、応援しましょう。
8月前半は上ってきてすぐに影に入ることが多くなって探しにくくなり、中旬から見やすくなりますので、夏休みの天体観測の一つとしてISS観測を楽しんでくださいね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

posted by ブドリ at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | .天体観測 ISS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

カマキリをくわえるスズメ

皇居東御苑の4回めは野鳥写真です。
ここのところ野鳥写真といえばアオサギでしたが今回は別の野鳥、といってもどこにでもいるスズメです。

スズメの後ろ姿です。
さてこのスズメは何をしているでしょうか。
スズメの後ろ姿

でも、足元に黄緑色の物体が見えますよね。
じっと見ていると、くわえて振り回していました。
そのものをよく見ると、どうやらカマキリのようでした。
振り回すスズメ

振り回しているうちにカマキリが地面に落ちました。
振り回す勢いで落ちているのか、振り回して地面に叩きつけているのかちょっと微妙。
カマキリはすでに動かなくなっていたので、持ち帰って食べるのに、振り回して叩きつけて小さくしようとしていると考えられるかもしれません。
スズメとカマキリ

私の気配を感じたのか、カマキリをくわえて飛んでいってしまいました。
スズメ

人間はなかなかみつけられないカマキリをこの小さなスズメがみつけるんですから見事ですよね。
食べられて可哀想と思う人もいるけど、みんな生きるために必死なんですよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | .皇居周辺・東御苑 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

オニユリとアカトンボ

皇居東御苑の3回目は今真っ盛りのオニユリです。
皇居東御苑では何ヶ所かにオニユリが固まって咲いているところがあります。
その1箇所、二の丸庭園内のオニユリを見てみました。

遠目に見ると、なんてことないオニユリです。
散策路よりも奥なので近寄らないようにしてくださいよ。
オニユリ

このオニユリをよく見てみると、アカトンボが止まっていました!
おそらくナツアカネではないかと思います。
オニユリの赤っぽい色に紛れて擬態しているつもり?
オニユリとアカトンボ

アカトンボを驚かさないようにゆっくりとした動作でトンボの正面に廻って顔にズームイン。
トンボの顔

トンボだけでは申し訳ないので、スリムなお御足のようなオニユリのシベにズームイン!
オニユリのシベ

本丸休憩所東側でもオニユリはたくさん咲いています。
オニユリの近くでは今年も「はるかのひまわり」が成長中でした。
オニユリと成長中のはるかのひまわり

皇居東御苑ではいろいろな夏を楽しむことが出来ます。
ぜひ足をお運びください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

2016年07月20日

水辺にて・皇居東御苑

皇居東御苑の夏の風景第2弾は、二の丸庭園の二の丸池からお届けします。

花後のシランの葉に止まり、池で咲くアサザを見つめるコシアキトンボ
「もうアサザ?」「いや、昼さ」
コシアキトンボ

ちょっと遠目ですがアサザの群生です。
アサザ

目立たないけどヒメコウホネの花です。
『ヒメコウホネ』は全国的にも自生地が少なくて今では『絶滅危惧U類 絶滅の危険が増大している種』に指定されています。
ヒメコウホネの花はトンボが止まりやすいようで、いつもシオカラトンボとかが止まっているのですが、この日はまったくいませんでした。残念。
ヒメコウホネ

ヒツジグサの葉にはイトトンボがあちこちに止まっていました。
細いのでよく見て下さいね。
イトトンボ

池に注ぐ滝の途中にはイワタバコがまだ咲いていました。
イワタバコ

少しは涼んでいただけたでしょうか?
次回も皇居東御苑からお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

2016年07月19日

セミの抜け殻・皇居東御苑

九州から東海にかけては梅雨が開けましたが、関東はまだ開けませんね。
といっても、西日本では被害をもたらすほどの大量の雨が降りましたが、関東では水がめに貯まるほどの雨が降らないのに長い梅雨。バランスが取れないものなのでしょうか。

梅雨明けが近づくとセミが鳴き出すのですが、今年は待ちきれずにセミが鳴いています。
ミンミンゼミにニイニイゼミにまじって、ツクツクボウシもヒグラシも鳴いています。

セミが鳴いているとなれば、セミの抜け殻探しがライフワーク。
いつもたくさんぶら下がる皇居東御苑内の枝垂桜に見に行ってみました。
すると、思った通り、早くもたくさんのセミの抜け殻がくっついていました!

枝にしがみついているのはミンミンゼミばかりです。
こんな枝先によくぶら下がりますよ。
セミの抜け殻1

セミの抜け殻2

この写真の中に抜け殻が4つ写っています。ピーク時には抜け殻の花が咲き乱れます。
抜け殻の花

手前と奥に1つずつ。オレが先だ!私が先よ!なんて飛び立っているのかもしれませんね。
もしかしたら、羽化したら付き合ってくれよなんて言いながら成長して、羽化してるかも?
セミの抜け殻3

風に揺られても、雨に打たれても、抜け殻は頑張ってしがみつく。
しがみつく抜け殻

夏の夕暮れ、セミたちは土の中から這い出して、カラスなどの猛威をくぐり抜けてそれぞれの場所で殻を破る。
人間はどうなんでしょうね。
殻を破るって難しいですよね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | .皇居周辺・東御苑 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

ガーデニング記録 2016/7/17 本格的に夏!

梅雨だというのに雨は少なく、それなのにぐずついた天気が多くて蒸し暑い日が続き、梅雨明けはまだしばらく先のようで、おかしな梅雨です。

ガーデニング記録をお届けします。

6月に早々に開花して、しばらく蔓の成長に精を出していたアサガオが、ついに本格的な開花期に突入しました。
朝顔本格期に突入!
朝顔本格期に突入! posted by (C)ブドリ

今日咲いたアサガオに明日咲くアサガオ。
これからどんどん咲きそうです。
朝顔の花と蕾
朝顔の花と蕾 posted by (C)ブドリ

咲き終わった花穂を摘んだミニブッドレアに、次の花が咲き始めました。
花を詰めば次々と咲いてくれるのに、去年は積まなかったので花が少なかったので今年はしかり花後に摘んで見たらすぐに咲きました。
どれだけ咲いてくれるでしょうね。
ミニブッドレア、続々開花
ミニブッドレア、続々開花 posted by (C)ブドリ

その他の花・植物の様子です
ヤブミョウガの花が咲き続けています
ヤブコウジの花が終わりました
ナンテンは散りました
山椒の葉が広がっています
藤は蔓が伸びすぎ
クロッカスは球根の休眠状態
チューリップは球根の休眠状態
スイセンは葉が枯れ休眠状態
フウセンカズラのつるがぐんぐん伸びています
ミニバラは切り詰めた後の花が咲いています

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

絵本「木のすきなケイトさん」

お子さん達の夏休みも目前ですね。
今回は課題図書にもなっている絵本をお届けします。


「木のすきなケイトさん」
H.ジョゼフ ホプキンス 作
ジル マケルマリー 絵
池本佐恵子 訳
BL出版

ケイトが子ども時代をすごした1860年台には、くらしむきのよい家では、女の子は、手がよごれることをしてはいけないと、しつけられていました。
でも、ケイトは、手がよごれても、へっちゃらでした。

女の子が科学の勉強をしない時代に、科学の勉強をあきらめませんでした。
木の勉強がなによりすきでした。

大学で科学を学び、1881年に、カリフォルニア大学をはじめての女性科学者として、卒業しました。

大学をはなれたケイトは、南カリフォルニアのサンディエゴという木のない砂漠の町にくらすことになりました。
サンディエゴの学校で先生をして過ごしながら、木のない公園を見続けていました。
サンディエゴの人は
「あんな所に木なんか育つはずがない」
と思っていました。
でも、「あの公園にもきっと育つ」と思ったケイトは・・・
ほんとうにあった木の大すきなケイトさんのおはなしです。

どこか宮沢賢治の虔十公園林と似た雰囲気があるお話です。
一つのことを一生懸命にするって大事なことだけど、とても難しいですよね。
夏休みには、お子さんの好きなことに打ち込ませてあげてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

浅草寺 ほおずき市2016 その2

浅草寺のほおずき市の2回目は、ほおずきなどをお届けします。

屋台では四万六千日ほおずき市の札が、少なくなってきたほおずきに混じって賑わせています。
ほおずき市

吊るされたほおずきの鉢は誰が買ってくれるのかなぁと風に揺られながら待っています。
風に揺れるほおずき

ほおずき買われていくほおずき
残るほおずき
どこが違うんだよ〜


風鈴
ほおずきとともに風に揺れる風鈴。
私はほおずきのおまけ。
私をもっと見て。
静かに音を響かせるから
私の声に耳を傾けて


影ほおずきと風鈴の影
影じゃ何もわからない
でも
影もいいもんさ


というわけで浅草寺のほおずき市でした。

入谷の朝顔市は終わってしまいましたし、浅草寺のほおずき市も終わってしまいました。
朝顔市やほおずき市に行ってみたかったという方は、7/23(土)・24(日)に、徳川家ゆかりの伝通院で「朝顔市」、“こんにゃくえんま”で知られる源覚寺で「ほおずき市」が開催され行われる、第31回文京朝顔・ほおずき市に行かれてみてはいかがですか?

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 浅草寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

浅草寺 ほおずき市2016 その1

7/6〜8の入谷朝顔市に続いて、7/9・10と浅草寺でほおずき市が催されました。
ほおずき市の日は 「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれ、浅草寺の「功徳日」にもあたり、この日にお参りすると「四万六千日分、日参したのと同様の功徳を得られる」との言い伝えがあり、江戸に夏を呼ぶ風物詩の一つです

7/9の土曜日はあいにく雨が降りましたが、夕方前には止んで人出もまずまずだったようですね。
私は翌日の日曜日に行ってきました。
雲は多いものの暑い日で、日曜日ということもありたくさんの人で賑わっていました。
浅草寺

四万六千日の提灯と東京スカイツリーです。
提灯と東京スカイツリー

東京スカイツリーとほおずき市の屋台です。
ほとんど毎年同じ差y心になっていますが今年もまた同じなんです。芸がないというかアイデアがない・・・(--;)
東京スカイツリーと屋台

本堂横の通路にもところ狭しとほおずき市の屋台が並び、通る人に声をかけていました。
出かけたのが2日目の夕方近くということもあり、すでに完売し店じまいした屋台もありました。
ほおずき市の屋台1 ほおずき市の屋台2

よく見て気に入ったの持ってっておくれ!
そんな声があちこちで聞こえます。
ほおずき市の風景

ちびっ子女将も頑張ってほおずきを選んであげていましたよ。
ちびっ子女将

次回もほおずき市をお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浅草寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

入谷朝顔市 その2

恐れ入谷の鬼子母神の朝顔市の2回目はあさがおなどをドドーンとお届けします。

朝顔はその名前の通り朝の花ですが、夕方にしおれた物を見せてもお客さんは寄ってこないので、調整して見事に咲いているあさがおがズラッと並んでいます。
並んだあさがお

あさがおをどど〜んとと言いながら、団十郎という名の茶系のあさがおがきれいで撮ったと思ったら撮っていなかったり、あまり花を撮っていなかったことに気が付きました(--;)
あさがおを買うと、鉢には朝顔市の札が付けられていますよ。
あさがお

屋台の中にはこんな札を付けて売っている屋台もありました。
いいですよね。
朝顔市

提灯と東京スカイツリー入谷駅前の交差点のあさがおの提灯。
遠くに東京スカイツリー。
一度朝顔市に行ってみたいよー、なんて言っているとかいないとか。


朝顔市に行ってみたかったという方は、7/23(土)・24(日)に、徳川家ゆかりの伝通院で「朝顔市」、“こんにゃくえんま”で知られる源覚寺で「ほおずき市」が開催され行われる、第31回文京朝顔・ほおずき市に行かれてみてはいかがですか?

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

入谷朝顔市

先週は江戸に夏を告げる祭りが二つ行われました。
一つは恐れ入谷の鬼子母神のあさがお祭り、もう一つは浅草観音の四万六千日のほおずき市です。

今回は朝顔市をお届けします。
「恐れいりやの鬼子母神」で知られる真願寺で開催される日本一の入谷の朝顔市、例年7/6・7・8の3日間行なわれます。
今年は初日の6日の夕方に行ってきました。
幸い梅雨まっただなかなのに猛暑の東京でしたが、この日はやや気温が下がってしのぎやすい気温でした。
まずは鬼子母神にお参り。
17時を過ぎたばかりだったのでまだ人出はそれ程でもありませんでした。
入谷の鬼子母

東京メトロ入谷駅側から言問通り沿いに並ぶ朝顔市の屋台を撮影。
あさがおの屋台

歩道側にも屋台はずらっと並んでいますよ。
あさがおの屋台2

店先にたくさん並べられたアサガオの植木鉢。
いいアサガオを前に出そうと探しています。
朝顔市

鶯谷駅方面から朝顔市を眺めると遠くに東京スカイツリーが見えます。
朝顔市と東京スカイツリー

日が暮れてくると提灯に明かりが灯り、祭りの雰囲気が高まり、人も増えてきました。
日没後の鬼子母神

朝顔市はこれから賑やかになるのですが、私は月を撮りに鶯谷駅の方に移動してしまいました。

次回はアサガオをちらりとお見せします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | .祭・イベント・風物詩 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする