2015年08月31日

ツマグロヒョウモン 幼虫から蛹になるまでのタイムラプス動画

ガーデン記録をお届けしたかったのですが、この週末は天気が悪く、ガーデン作業なし。
咲いているのは朝顔、きゅうり、ゴーヤーのみ。
なので今回はお休み。

今回は・・・
先日お伝えした、ツマグロヒョウモンの幼虫が脱皮してサナギになった姿。
実は脱皮前から脱皮後まで5分間隔で30時間撮影していました。
その中の24時間分をつなぎあわせてタイムラプス動画にしてみました。
脱皮の瞬間は写っていませんでしたが、蛹になる前の体表の変化、蛹になってからの変化がよくわかりますよ。


参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | チョウチョ観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

2015年9月のお月見情報

8月は天気が良いのか曇りなのかはっきりしない日が多く、後半になるとほとんど雲に覆われてしまって、のんびりお月見も天体観測も出来ない日が続いています。
夏休みの最後に流星群も楽しめないですね。
9月の終わりには中秋の名月ですから、お月見そして天体観測を楽しめるといいですね。

それでは、2015年9月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

9/1(火) 二百十日

9/5(土) 18時54分:下弦

9/10(木) 明け方の東の空で細い月と金星が並ぶ

9/11(金) 明け方の東の空で細い月と火星が並ぶ

9/12(土) 明け方の東の空で細い月と木星が並ぶ

9/13(日) 15時41分:●新月

9/19(火) 日没後の南西の空で細い月と土星が接近

下旬 明け方の東の空で火星とレグルスが接近

9/21(月) 17時59分:上弦

9/27(日) 中秋の名月

9/28(月) 11時51分:○満月(本年最大の満月/スーパームーン)

お月見の季節ですね。
たまにはお月様をのんびりと眺めてて天体観測を楽しんでください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | .天体観測 暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本「チョウのはなし―かしこくておしゃれでふしぎな、ちいさないのち」

ツマグロヒョウモンというチョウが我家の庭で幼虫から蛹へと成長しました。
サナギから蝶になるまで1週間ぐらい。
無事に羽化できるか楽しみです。
そこで今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、チョウを知るための素敵な絵本を紹介します。


「チョウのはなし―かしこくておしゃれでふしぎな、ちいさないのち」
ダイアナ・アストン 作
シルビア・ロング 絵
千葉 茂樹 訳
ほるぷ出版

世界にチョウはどれくらいの種類がいると思いますか?
世界におよそ2万種いるといわれています。
2万種もいれば外見も生態もさまざま。

虫が苦手なお母さんにはチョウの絵本も苦手かもしれませんね。
でもこの絵本は・・・
葉っぱの裏に産みつけられた卵。雨や敵の目から身を守り、はらぺこの幼虫が孵化(ふか)して姿を現すチョウを「がまんづよい」。
何度も脱皮しながら大きくなり、やがてサナギから成虫と全く違う姿に変わっていく様子をチョウが「へんしんする」。
花から花へと飛び回り、花粉を運んで植物の受粉を助けていくチョウって、「やくにたつ」。
擬人化したことばたちが昆虫と人という本来の境界線を取り払ってくれて、私たちをチョウの世界に引き込んでくれますし、この本を開いた瞬間「きれい!」と思えるイラストが並んでいます。
虫眼鏡で拡大したチョウの羽根のうろこ・鱗粉(りんぷん)。
それも全てイラストなんですよ。
チョウのいろいろなことがわかる素敵な絵本です!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

ツマグロヒョウモンが蛹になった!

前回お届けしたツマグロヒョウモンの幼虫が、今朝、脱皮して蛹になりました!
残念ながら、脱皮するところは写真に撮れませんでしたが、見事にサナギに変態しました!
これから徐々に茶色く、そして黒くなって羽化へ!
あと1週間ぐらいで蝶になるでしょう。
楽しみー
ツマグロヒョウモンのサナギ

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 10:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | チョウチョ観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

ツマグロヒョウモンの幼虫が!

今日は浜離宮恩賜庭園のキバナコスモスの続きをお届けする予定でしたが、急遽変更!

17日の朝、玄関前花壇のスミレの葉がずいぶん食べられてるなぁと思い、スミレの周りを見てみると、バッタのものではないちょっと大きめの緑色の糞が落ちていました。
たくさんの緑の糞

これは間違いなくあいつがいる!
あいつというのはスミレを食草とする「ツマグロヒョウモンの幼虫」
よく探してみると、いましたいました、スミレの葉をもぐもぐ食べている幼虫が!
結構大きいので、蛹になるのも近いのかもしれないと思っていました。
ツマグロヒョウモンの幼虫

28日の朝、昨日の幼虫はどうしたかなと、食べていた付近を探してもなかなか見当たらず。どこかに行っちゃったかなぁと諦めかけたその時、スミレの奥の吉祥草の葉にぶら下がっている幼虫を発見!
これってもしかして蛹になる前の姿じゃないの!
サナギの前の幼虫

調べてみたら、ツマグロヒョウモンは足場を作り逆さまにぶら下がった状態から最後の脱皮をして蛹になり、羽化するとあったので、まさに蛹になる直前の姿でした。
逆さにぶら下がってからだいたい半日ぐらいで最後の脱皮をして蛹になるようなのですが、この記事を書く前に見てきましたが、小雨降る中で少し気温が低いせいかまだ脱皮をしていませんでした。
明日の朝には蛹になっているのかもしれません。
一応、カメラをセッティングして、5分おきに撮影しているので、運が良ければ脱皮をするところが写っているかもしれません。
明日の朝が楽しみです!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | チョウチョ観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

汐留ビル群と黄色いキバナコスモス・浜離宮恩賜庭園

前回はオレンジ色のキバナコスモスをお届けしました。
今回はその隣に咲いていた黄色いキバナコスモスをお届けします。

オレンジ色のキバナコスよりも背が低く、海寄りに咲いていたので、花を眺めようとすると汐留側を望むことになります。
汐留ビル群と黄色のキバナコスモス

キバナコスモスは毎年どんな思いで見上げているのでしょうね。
ビルを見上げるキバナコスモス

なーに、お気楽に眺めてるだけさ。
見上げるキバナコスモス

全体としては見頃を過ぎていたのですが、咲いている花はきれいでしたよ。
キバナコスモス

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | .浜離宮庭園 花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

キバナコスモス・浜離宮恩賜庭園

昭和記念公園のひまわりをタップリと楽しんでいただいたあとは、見上げる花ではなくやや見下ろし気味の花を浜離宮庭園からお届けします。

それがこれ。キバナコスモスです。
浜離宮恩賜庭園のキバナコスモス

再開発が進む臨海部を望む浜離宮庭園のキバナコスモス。
変わりゆく周辺の町並みをどんな風に眺めているのだろうか。
キバナコスモス

高層ビルを眺めるキバナコスモス

花は肩を寄せあって、一生懸命に生きているけど、最近の日本人は、自分さえ良ければって、身勝手に咲こうとしすぎてるんじゃないかね。
満開のキバナコスモス

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | .浜離宮庭園 花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

七色に光る!

もう3週間近く前に撮影した写真ですが、お見せしていなかったのでお届けします。

蜘蛛の巣は知っていますよね。
太陽→クモの巣→カメラという位置の時、微妙な角度によってクモの巣が虹色に輝くんですよ。
そんな写真を目黒の自然教育園で撮影していました。

上の方からあたっているクモの巣です。
太陽が雲に隠れ気味で光が弱かったので今ひとつの虹色クモの巣
虹色のクモの巣

日差しが強くなって、きれいな虹色を見せてくれたクモの巣です。
虹色クモの巣

手前のクモの巣の虹色を撮ろうと狙ったのですが、風で揺れてしまってきれいな虹色の瞬間を撮れなかったのですが、奥のクモの巣が青色を中心に輝いています。
奥のクモの巣に注目

一つのクモの巣を少し角度を変えたりピントを買えたりすると虹色の雰囲気が変わるんですよ。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


クモの巣の中央に太陽が入るようにして、ピント位置を手前や奥にして撮影するとこれまた雰囲気が変わるんですよ。
カーソルを乗せて、クリックしてご覧ください。


クモは苦手でも、クモの巣が綺麗に見えると知ったらちょっと勇気を出して眺めてみてはいかがですか?
思わぬ発見があるかもしれませんよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

ガーデニング記録 2015/8/23 朝顔

今週もガーデニング記録です。

8月も終盤になったところでようやく我が家の朝顔の花数が増えてきました。

薄い青色の朝顔。こちらはこぼれ種から育ち、朝と午後と一番日が当たる所に育ったので花数が多く毎日花を咲かせてくれています。
青い朝顔
青い朝顔 posted by (C)ブドリ

紫の絞りの朝顔
予想外に花の数が増えません。やはり日当たりか・・・
紫の絞りの朝顔
紫の絞りの朝顔 posted by (C)ブドリ

絞りの朝顔の色違い。
こちらもときどき一輪か二輪の花を咲かせるだけ。もうちょっとドバーッと咲いてはくれないものか・・・
紫の絞りの朝顔2
紫の絞りの朝顔2 posted by (C)ブドリ

紫色の朝顔
こちらは他の朝顔よりもやや花数は多いのですが、それでも一日に数輪。
せっかくネットを張り巡らせたのに、ほんの一部でしか咲いてくれません。
やはり日当たりなんでしょうね。
紫色の朝顔
紫色の朝顔 posted by (C)ブドリ

そして次々と実るゴーヤーです。
日曜日は三個収穫しました。水曜日に一個収穫していたので四個になり、この内の二個を日曜日の夕飯に使用し、ゴーヤーづくしでした。
収穫した3本のゴーヤ
収穫した3本のゴーヤ posted by (C)ブドリ

その他の花・植物の様子です。
ブッドレアはほぼ終りのようです。
チューリップ・クロッカスは休眠状態。
エビネ・シランはまだ葉が茂っています。
スイセンは葉もなくなり休眠状態。
クリスマスローズは葉が青々として、見た目の変化なし。
ミヤコワスレは葉がやや枯れ気味。
ヤブコウジは緑色の実がなっています。
ヤブランは花の時期なのにあいかわらず咲く気配なし。
シモバシラは花の時期なのにあいかわらず咲く気配なし。

花の時期の植物に花が咲きません。
やはり日当たりが悪すぎなのか・・・
もしそうだとしたら同しようもないからなぁ・・・

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

絵本「フィボナッチ 自然の中にかくれた数を見つけた人」

子供たちの夏休みも終盤を迎えましたね。
夏休みの宿題は終わったのかな?
自由研究は済ませたのかな?
今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、子供の頃は能なしと呼ばれていても、一つのことに夢中になって、後世に名を残した人のお話を紹介します。


「フィボナッチ 自然の中にかくれた数を見つけた人」
ジョセフ・ダグニーズ 文
ジョン・オブライエン 絵
渋谷 弘子 訳
さ・え・ら書房

中世のイタリアで子供時代を過ごしたレオナルド・フィボナッチ
明けても暮れても数のことばかり考えていたため、「のうなし」とからかわれていました。
みかねたお父さんは「わたしといっしょにアフリカにいって商人になれ!」とアフリカに連れて行くことにしました。
アフリカに発つ前の晩、お父さんに商売の助言をしていたアルフレードさんから
「数がすきなら、数のことを思い切り勉強してごらん」
と助言をくれました。その助言に従ったフィボナッチは、
ローマ数字よりもインドの数字(1,2,3・・・)が簡単であることを知りました。
どこの町に行っても、商売の間に学者を訪ねました。
そして、数えたりはかったりしながらたびをしました。
そして今ではフィボナッチ数列と呼ばれる数列を発見したのです。
自然界に隠れている数字(花びらの数・果物の断面・動物の角や牙・松ぼっくりやひまわりの渦巻きetc)が、フィボナッチ数であることに驚かされ、さらに驚くことに人間の想像力の産物である建築物や音楽・美術・詩といったものにまで、フィボナッチ数が姿を現すんです。
でも、当時の人々はその数列を理解するものはおらず、認められたのは後になってからのこと。

どんなに認められなくても、好きな事を貫き通すことの大切さを教えてくれる伝記です。

タグ
参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

ナツズイセン・昭和記念公園

国営昭和記念公園の花・植物写真の5回目はひまわりの撮影を終え、立川駅に向かう途中、ふれあい橋西花壇で撮影したナツズイセンです。

ナツズイセンというと、冬に咲く咲くスイセンに似ているのかと思いますけど、全体の姿は今から1か月後のお彼岸の頃に咲くヒガンバナに似たピンク色の花を咲かせます。
見頃ということだったのですが、例年に比べ開花が早かったのか、すでにしおれている花も多く、全体に群生というには花の数が少なく、全体を見渡すとちょっと寂しかったので全体の写真は撮らず。
木漏れ日を受けて輝くナツズイセンです。
ナツズイセン

このナツズイセンの花壇は桜の木のなかにあるので、セミの抜け殻がたくさん見られるんですが・・・
今年は花の数も少ないけど、セミの抜け殻の数も少なく、あぁ撮ろうか、こう撮ろうかと考えられるような場所に見つけられず。一番撮りやすかったのが、すでにしおれてしまったナツズイセンにぶら下がっていたセミの抜け殻でした。
セミの抜け殻としおれたナツズイセン

せっかくなのでなにかいいものはないかなぁと探して見つけました。
ナツズイセンに張った蜘蛛の巣が陽の光を浴びて虹色に輝いているのを発見!
僅かな風にも揺れるし、太陽の位置も時々刻々と変わるので、いまだ!というタイミングがなかなかないんですよ。
その中から2枚お届けします。
虹色蜘蛛の巣とナツズイセン1 虹色蜘蛛の巣とナツズイセン22

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

ミツバチとヒマワリ・昭和記念公園

昭和記念公園のひまわりの3回めです。
今回はひまわりに集まってくるミツバチに注目!

花粉がいっぱいのヒマワリめっけ!花粉浴だよ〜
カーソルを乗せてご覧ください。


こっちにもいいヒマワリがあるぜ!ついてこいよ!
OK!
カーソルを乗せてご覧ください。


こんなに花粉があると気持ちいよ〜
ヒマワリばんざーい!
ミツバチとヒマワリ

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

太陽とひまわり・昭和記念公園

昭和記念公園のひまわりの2回めです。
今回は太陽を仰ぐひまわりをお届けします。

太陽を仰いで、のびのびとするひまわりを一枚にまとめてみました!
太陽を仰ぐヒマワリ

暑い夏は俺達の季節!太陽がくれた季節だ!(え?年齢がバレる?)
ひまわり

太陽はオレだけのものだ!
太陽独り占め

いやいや、やっぱり太陽はみんなのものだよ!
太陽と向日葵1 太陽と向日葵2

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

ひまわり畑・昭和記念公園

昭和記念公園の2回めは、昭和記念公園に足を運んだ目的のひまわりの撮影です。
今年、昭和記念公園では開花の時期を8月の上旬と下旬に合わせて2ヶ所に育てられていました。
8月の上旬はもみじ橋近くの丘のひまわり畑が見頃でした。

今回はたくさんのひまわりをどど〜んとお届けします。

雲が多くてなかなか青空に映えるひまわりの撮影ができなかったのですが、東寄りの空はなんとか青空も見えたので、粘って撮影しました。
青空とヒマワリ1

青空とヒマワリ2

青空とヒマワリ3

ちょっと雲が多い南寄りの空とひまわりです。
空とヒマワリ1

空とひまわり2

空とひまわり3

今回はこんなところで。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

サギソウ(鷺草)・昭和記念公園

8/9に久しぶりに昭和記念公園まで足を伸ばしました!
その昭和記念公園でヘマをしてしまいました。
その話は最後にして、昭和記念公園で撮影した花・植物写真を紹介します。
今回はサギソウ(鷺草)です。

サギソウ(鷺草) ラン科
サギソウ花の形がシラサギが羽根をひろげたような形から名付けられました。
実はシラサギという鳥はいなくてダイサギ、チュウサギ、コサギの白いサギの総称なんです。
昔は白鷺も鷺草も普通に見られていたようです。
サギは今でもなんとか見られますが、鷺草は乱獲や環境の変化によって全国的に絶滅が危ぶまれ、環境省レッドデータブックでは準絶滅危惧種に指定されています。


茎の先端に通常は1つ、勢いのよいもので数個の花を付けます。
サギソウ一輪

サギソウの花が二輪咲くとそっぽを向いてしまうんです。寄り添って飛んで欲しいんですけどね。
二輪のサギソウ

8/31までサギソウまつりが行われていますので、お近くの方はお急ぎください!

サギソウの写真を撮るときにはすでにヘマをやらかした後なんで、集中できずにのんびり撮影できなかったんです。
ヘマというのは・・・
昭和記念公園に到着したのは正午前。
この日の月の入りが14時過ぎだったのでひょっとすると、西の空に見えるかなぁと探していたんです。
すると、奇跡とでも言うのか、進む道のほぼ正面の雲が多めの空に月が見え隠れしているのを発見しちゃいました。
ヤッタ〜と喜びながら、せっかくだから正午の月を撮りたいなぁと、月と雲を気にしながら歩いていたんです。
ここでヘマこきました!
上を見すぎて、小さな段差に左足が躓いて前のめりに転んでしまいました。
カメラを守りながら転んだのですが、カメラも私も地面に激突!
幸いレンズも割れず、カメラの動作にも不具合は見られず、右肘を擦りむいて血がにじんで出てくる程度ですみました。
ただ、絆創膏を持ってきていなかったので、ティッシュでおさえていて、サギソウの撮影時には右肘を動かすと、擦りむいたところが開いて血が滲んでくる状態で、集中できなかったんです。
とにかく、この日はこの程度で済んだと思っていました。

ところが、家に帰り、撮影した写真を整理していると、微妙にブレた写真が多い事に気が付きました。微妙なブレは手ブレ。やや暗いところで撮影したものの昼間だから手ぶれ補正が効いてそんなにはブレないはずなのですが・・・
カメラの設定で手ぶれ補正がオフになってるのか?と確認すると、手ぶれ補正がオフになっているだけでなく、その項目自体にアクセスできなくなっているんです!
レンズを変えてみても同じ。
と、その時、別の異変にも気がつきました。
電源を切ると、センサークリーニングが行われ、センサーが振動する音が聞こえるはずなのですが、いたって静か!
何度スイッチの入、切を繰り返しても同じ。

これで納得。
激突の衝撃でセンサーの振動機構が破損したようです。

修理に出しても4万以上、中古で調べても状態のいいもので4万以上。
修理に出すか、状態の良い中古を買うか、はたまた次の一眼は別メーカーに乗り換えと考えていたのでこの際思い切って乗り換えてしまうか。
ipadを買ったばかりで、他メーカーのカメラを買うとなると10万以上となり負担が大きいし・・・。9月に新iPhoneが発売されたらガラケーから乗り換えようと思っていたのに・・・
とりあえず、今のカメラと同じものを中古で買って、買い替え貯金をして年末ぐらいに買い替えが無難かなぁ。iPhoneは当面棚上げ?
この際カメラをやめてしまうというのも一つの選択肢?

さてさて、どうしましょうかねぇ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国営昭和記念公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

ガーデニング記録 2015/8/16

絵本・児童書(童話・児童小説)は一日早くお届けしましたので、今回はガーデニング記録をお届けします。

今庭で一番元気なのがゴーヤーです。
次々に実ってくるゴーヤー。まだ小指大のゴーヤーが2個ぶら下がっています。その内の1個。
小さなゴーヤー

現在、小さいものから収穫期のものまで合わせると6個も実っていて、そのうち2つは食べごろを過ぎて黄色くなってきてしまいました。すでに4本収穫したので、ゴーヤーを食べるのもちょっと飽き気味なんです。
黄色からオレンジに変わると身が割れて中会からテネが顔を出すと
黄色くなったゴーヤ

ゴーヤーの花は実がなる雌花と花粉を出す雄花があります。
食べるためには雌花が大事なのですが、虫達には餌となる花粉がある雄花のほうが大事。
我が家のゴーヤーにはヤマトシジミが頻繁にやってきて花に止まっています。
食事した後は庭のカタバミに卵を産み付けに行くのでしょうかね。
ゴーヤーにヤマトシジミ

ゴーヤーの次に元気なのが枝垂れ朝顔。
6月の終わりに咲き始めてから、2ヶ月になりますが、未だに咲き続け、まだつぼみができています。
元気な枝垂れ朝顔

朝顔は全体的ではなく、一部に1つ2つとしか咲いてくれず、ちょっと寂しい状態です。
一斉にたくさん咲いてくれるときれいなんですけどね。見頃はいつ?
朝顔

その他の花・植物の様子です。
ブッドレアは見頃を過ぎ、ほぼ終りとなりました。
チューリップ・クロッカスは休眠状態。
エビネ・シランはまだ葉が茂っています。
スイセンは葉もなくなり休眠状態。
クリスマスローズは葉が青々として、見た目の変化なし。
ミヤコワスレは葉がやや枯れ気味。
ヤブコウジは緑色の実がなっています。
ヤブランは花の時期なのに咲く気配なし。
シモバシラは花の時期なのに咲く気配なし。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

絵本「ちいちゃんのかげおくり」

今回は1日早く特別に絵本・児童書(童話・児童小説)をお届けします。

8/15は終戦記念日でした。
特に変わりのない1日を過ごされた方も多いことでしょう。
今年の8/15は、玉音放送が流れて太平洋戦争が停止してから70年。
その今年は安保法案や70年談話などいろいろと動静が注目されていたので、まったく気にならないという人は少ないのではないのでしょうか。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、戦争の悲惨さを伝える絵本です。


「ちいちゃんのかげおくり」
あまん きみこ 作
上野 紀子 絵
あかね書房

お父さんが出征する前の日のことです。
先祖のお墓参りに行った帰り道、ちいちゃんのお父さんは家族に「かげおくり」の遊びを教えてくれました。影法師をじっと見つめて10数え、数え終えたらすぐ空を見上げると影がそっくり空に映って見えるというのです。
ちいちゃんとお兄ちゃん、お母さん、お父さんは4人で「かげおくり」をしました。
影法師は、まるで記念写真のように空に映りました。
体の弱いお父さんを戦争に送り、家族3人の暮らしが始まったある夏のこと
ちいちゃん一家は空襲にあいました。
お母さん、お兄ちゃんと3人で空襲から逃げている途中で、ちいちゃんははぐれて一人ぼっち。
一人のちいちゃんは空腹に耐えながら頑張りますが、
「ひとーつ、ふたーつ、みーっつ。」
夏のある朝、ちいちゃんの命は、空にきえていきました。
お父さん、お母さん、お兄ちゃんと、かげおくりをして遊ぶまぼろしを見ながら―――。

戦争で、犠牲になるのは大人だけではありません。
なんの罪もないたくさんの子供達も犠牲になり、傷つき、命を落としていきます。
未来ある子供たちの心に影を落とします。
武器を使い戦うことに正義もなければ、勝者もありません。
恨みの連鎖しか残しません。

本当に大切にしなければならないのはなんなのか
立ち止まって考えてみるのもいいと思います。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | .絵本・児童書 た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

はるかのひまわり2015

皇居東御苑に咲く「はるかのひまわり」をご存知ですか?
私のブログでは2006年から毎年のようにお届けしていますのでご記憶の方も多いでしょう。
昨年も骨折明けでまだ痛みがある足で7月末に撮影していました。
今年もまたこの季節になりました。
でも、今年はちょっと遅く、8/8の撮影になったので、すでにピークを過ぎていました。
55DSCN5335.JPG

その中で見頃のヒマワリは1輪だけでした。
はるかのひまわり

はるかのひまわりとは
はるかとは、1995年1月17日午前5時46分に起こった阪神・淡路大震災で亡くなった、小学6年生の「加藤はるか」ちゃんのことです。はるかちゃんが飼っていたハムスターと、隣の仲良しのオウムに餌として与えていたひまわりの種が、その年の夏に彼女の亡くなった場所でたくさんのひまわりを咲かせて周囲の人を驚かせました。
地域の人たちはそのひまわりに亡くなった彼女の名前から「はるかのひまわり」と名付け、震災からの「復興」と、亡くなった人への「慰霊」の思いを込めてひまわりを咲かせ続けています。

皇居東御苑のはるかのひまわりは、2005年1月に阪神淡路大震災10周年追悼に訪れた際、遺族代表の小学生から天皇皇后両陛下に贈られ、御所にお持ち帰りになられ、御所にてお育てになりました。
御所に咲いたひまわりの種を東御苑にも蒔いて2006年から花を咲かせているんです。

今年は太平洋戦争から70年、阪神淡路大震災から20年、東日本大震災から4年。
いろいろな節目の年になりそうです。
たくさんの方の思いを忘れないために様々な取り組みがなされ、語り継ごうとしています。
家族が笑顔でいられるように、友だちも笑顔でいられるように、みんなが笑顔でいられるように。
簡単なことではありませんが、それぞらが努力していくことが大事なんだと思います。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン

2015年08月12日

スズメの口に・・・

久しぶりに野鳥写真をお届けします。
野鳥写真といっても身近な野鳥のスズメです。
場所は皇居東御苑。

御苑内を歩いていると、目の前を何かをくわえたスズメが横切りました。
初めは垣根の中に隠れて見えなかったのですが、すぐに姿を出してくれたのですが背中を向けられました。
背を向けたスズメ

姿を現したので、これなら少し近くからと、少し移動してスズメにズームイン!
頭の先に何か緑色のものがありますよねあるんですけど分かりますか?
すずめちゃん

緑色をくわえた!と思ったらこっちの方を向いてくれました!
何かを加えたスズメ.JPG

スズメがくわえているのはよく見えませんが、カマキリです。
目の前を横切った時にはまだ、カマキリがバタバタと動いているようだったのですが、スズメが何度もつついたりくわえたりしているうちに絶命してしまったようです。
写真は撮れなかったのですが、スズメがセミをつついているところにも出くわしたんです。
セミはまだ生きているようでしたが、スズメが生きてるセミを突くんだ!と撮ろうとしたら、スズメがぱっと逃げて撮れなかったんです。
カラスが地中からようやく出てきたばかりや土の中のセミの幼虫を穿り出して食べているのは何度も見かけたのですが、スズメがセミをつついているのを見たのははじめて。
生きるためにはセミだろうとカマキリだろうとなんでも食べようとするのは不思議なことではないですけど、ちょっとびっくりしました。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

ガーデニング記録 2015/8/9 咲かない・・・

今週もまたガーデニングです。
朝顔、フウセンカズラ、ゴーヤー、きゅうりは次々に花が咲いたり実がなったりと順調です。
その一方で、8月頃から開花時期になるはずの植物に花が咲きそうな気配が見られないんです。さて・・・

終わりかけのブッドレア
一房一房、リレーするかのように咲き続けていたブッドレアの勢いがなくなってきました。
もうまもなく終わってしまいそう。
チョウをたくさん呼んでくれたのでしょうかね。
終わりかけのブッドレア
終わりかけのブッドレア posted by (C)ブドリ

8月から9月が開花期のヤブラン
未だに花穂が出てきそうな気配がありません。はたして咲いてくれるのでしょうか。
咲かないヤブラン
咲かないヤブラン posted by (C)ブドリ

8月が開花期のシモバシラ。
目立たない花が咲いてくれるはずなのですが、こちらもツボミらしきものの姿は全くなし。
咲いてくれるのでしょうか。
咲かないシモバシラ
咲かないシモバシラ posted by (C)ブドリ

その他の花・植物の様子です。
チューリップ・クロッカスは休眠状態。
エビネ・シランはまだ葉が茂っています。
スイセンは完全に葉がしおれました。
クリスマスローズは葉が青々として、見た目の変化なし。
ミヤコワスレは葉がやや枯れ気味。
ヤブコウジは緑色の実がなっています。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする