2019年10月06日

佛蔵院勝楽寺の彼岸花

常楽院薬王寺の彼岸花を見た後、狭山湖の湖岸まで自転車を走らせて昼食。
その後、お隣の多摩湖(村山貯水池)まで走って休憩。
かなり疲れたので、もう帰ろうと自転車を走らせていた途中にあったお寺によってみました。
以前から何回か目の前を通っていて、いつか寄ろうと思っていたので休憩がてらよってみました。
それが、佛蔵院勝楽寺です。

佛蔵院勝楽寺
所沢市山口にある真言宗豊山派の寺院
山口貯水池(狭山湖)造成に伴い、この地へ移転したといいます。

階段を登った先が境内です。
佛蔵院勝楽寺

境内に入ると、住宅街の中にあるのでとても静かなお寺でした。
彼岸花は瑠璃光殿の横に咲いていました。
三途の川ではなく、まるで極楽浄土へと通じるような流れを連想させるような石庭に彼岸花が咲いていました。
佛蔵院勝楽寺の彼岸花1

極楽へお供する船頭さんなのか、箒を持っている小坊主さんなのかしっかりと確認しなかったのは失敗!
白い彼岸花(シロバナマンジュシャゲ)がたくさん咲いていました。
佛蔵院勝楽寺の彼岸花2

その奥には赤い彼岸花も咲いていました。
佛蔵院勝楽寺の彼岸花3

本堂脇に立つ宝篋印塔の近くにも少しだけ彼岸花が咲いていました。
宝篋印塔と彼岸花

posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

常楽院薬王寺の彼岸花

金仙寺の次は、金仙寺からほど近く家に戻る方に坂を下り、早稲田大学所沢キャンパスの入り口交差点前にあります。
さほど彼岸花の名所と言うほどでもありませんが、通ったついでに立ち寄ってみました。

長坂山常楽院薬王寺
真言宗豊山派の寺院。
創建年代等は不詳。
江戸時代には寺領7石3斗の御朱印状を拝領していたといいます。

門前の寺標の前に少し彼岸花が咲いていました。奥の茂みの影にも少し咲いていました。
常楽院薬王寺

常楽院薬王寺の沿革が書かれた案内の前にも彼岸花が咲いていました。
常楽院薬王寺の沿革

その横にある石碑の脇にも少し彼岸花が咲いていました。
庚申塔等

その少し脇にこじんまりと白花曼珠沙華が咲いていました。
シロバナマンジュシャゲ

境内に一基だけ立っている石灯籠の周りにも彼岸花が咲いていました。
この石灯籠は金仙寺の石灯籠と同様に西武から譲渡されたもので、江戸幕府七代将軍徳川家継である有章院殿霊廟の石灯籠です。
調べると、三基移設されているようなのですが、あと二基あったかな?
有章院霊廟の石灯籠と彼岸花

墓地へ通じる階段の上にある祠の周りにも彼岸花が咲いていました。
左にある木は大きな枝垂桜です。
祠と彼岸花



さて、次はどこへ?

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

金仙寺は秋の花盛り! その2

金仙寺の彼岸花や秋の花の2回目です。

本堂脇には大きな狸の焼き物が立っていてその周りには彼岸花がたくさん咲いていました。
たぬきと彼岸花

酔芙蓉たぬきの近くには酔芙蓉や秋海棠が見事に咲いていました。
いろいろな花が見られて良いお寺です。

秋海棠


境内には他にこんなたぬきさんもいて、赤や白の彼岸花に囲まれてほろ酔い気分?
たぬきと彼岸花2

こんな可愛らしい夫婦たぬきもいましたよ。
一つの笠をかぶって雨宿り?
可愛いたぬきと彼岸花

境内の植え込みにはたくさんの彼岸花が咲いていて、やはりシロバナマンジュシャゲだけでなく黄色の鍾馗水仙も咲いていました。
色とりどりの彼岸花

墓地前の植え込みにもたくさん彼岸花が咲いていて、ナミアゲハが蜜を吸いに飛び回っていました。
蜜を吸うナミアゲハと彼岸花

巾着田へ行こうかと悩んだのですが、天気が良くないという予報だったので近場でと思ったら、予想以上の成果でした。
自転車で行くとかなり疲れますが、なかなか良いお寺でした。




参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

金仙寺は秋の花盛り! その1

9/29(日)は午前中から自転車で走り回って彼岸花巡り。

まずは家から自転車で走ること40分弱のところにある金仙寺。
丘陵地の上にあるので、ほとんどがダラダラと上り坂で、最後は急な坂を登るのできついです。

金仙寺
真言宗豊山派寺院の金仙寺は、別所山西光院といいます。
このお寺の墓地脇の道路沿いの一角には花壇が設けられていて、四季折々の花が咲くんですよ。
ここからさらに上っていくと比良の丘があります。
金仙寺の花壇

いま花壇ではコスモスが花盛りでした!
金仙寺のコスモス1 金仙寺のコスモス2

コスモスにはナミアゲハが蜜を吸いに来ていました。
そして、コスモスの奥には彼岸花も咲いていました。
コスモスのナミアゲハ コスモスと彼岸花

正面の階段脇の石灯籠の周囲にも彼岸花が咲いていました。
この石灯籠には文昭院殿尊前と刻まれていました。
文昭院というのは江戸幕府六代将軍徳川家宣のことす。
芝の増上寺にあった徳川霊廟が戦災で消失した後、プリンスホテルが霊廟の大部分を取得した後に、霊廟等にあった石灯籠を現西武ドームのある付近に運ばせ、放置されていました。その数1000基に及ぶと言われています。
その後、球場建設に伴って希望した周囲の寺院に分けられたそうです。
なので、その際にここに設置されたものでしょう。
今回ちょっと調べて、なんで所沢に徳川将軍家の霊廟にあるべき石灯籠があちこちにあるのかがよくわかりました。
東急の五島家とならび西武の堤家は文化財の価値を軽く見て強奪したように言われているのがよくわかりますよね。
石灯籠と彼岸花

階段を登って灯籠の奥には六地蔵が並んでいます。階段途中から六地蔵と彼岸花です。
六地蔵と彼岸花1 六地蔵と彼岸花2

階段を上がると、右手に安清浄心と刻まれたお地蔵様か小坊主さんの像の周りに彼岸花が咲いていました。
お地蔵様と彼岸花

左手には六地蔵と並んで大師堂があり、その前も彼岸花が咲き誇っていました。
大師堂前の彼岸花

この前の彼岸花は赤い彼岸花だけではなく、白いシロバナマンジュシャゲに、黄色い鍾馗水仙(ショウキズイセン)も咲いていました。
シロバナマンジュシャゲにショウキズイセン

長くなってきたので今回はここまで。
次回も金仙寺からお届けします。




参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

多聞院 秋の空と赤とんぼ(9/28)

多聞院に彼岸花を見に行ったのですが、撮影したのは彼岸花だけではなく、秋空を飛び回ったりしていた赤とんぼも撮影していました。
彼岸花とトンボを一緒に撮れればよかったのですが、そうはうまくいかず、秋の空とトンボになりました。

一気に並べますので赤とんぼになったつもりで空を眺めてみてください。
秋の空と赤とんぼ1

秋の空と赤とんぼ2

秋の空と赤とんぼ3

秋の空と赤とんぼ4

気持ちよさそうに空を飛ぶ赤トンボです。
秋の空を飛ぶ赤トンボ1

秋の空を飛ぶ赤トンボ2

そして、一時気持ちよく晴れた青い秋の空と赤トンボです。
秋空と赤トンボ1

最後にもう一枚。
陽の光を受けて羽を輝かせる赤トンボと秋の空です。
秋の空と赤とんぼ5

まだ残暑がつづていて秋らしくありませんが、赤トンボの群を見ると秋を感じられますね。
夕方近くなると、枝先にトンボが止まって、まるでトンボのなる木のように見える木もあるので探してみてください。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

鎮守の森「月の原 花の小径」 彼岸花とクロアゲハ

多聞院で彼岸花の撮影をした後、お隣の神明社の裏手にある鎮守の森「月の原 花の小径」に行ってみました。
ここにも大きく分けて2箇所に彼岸花の群生がありました。
そのうちの一つで出会いがありました。

それがこちら。彼岸花にクロアゲハが蜜を吸いにやってきていました。
彼岸花とクロアゲハ1

クロアゲハは止まることなくヒラヒラと遠ざかっていっちゃうんですよ。
彼岸花とクロアゲハ2

近くの彼岸花に来て〜とお願いしながら撮影していましたが、なかなか来てくれないんですよねって当たり前ですけど。
彼岸花とクロアゲハ3

願いが通じたのか、なんとか最初の彼岸花の位置まで飛んできてくれました。
彼岸花とクロアゲハ4

クロアゲハはあまり日が当たらないところを飛んで吸蜜することが多いので、今の時期ならやや日陰の彼岸花が狙い目です。ただ、じっと止まって吸蜜することが少ないので撮影するのは大変ですよ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(2) | .所沢 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

多聞院 見頃の彼岸花(9/28)

前の週の9/23にはまだまだ見頃前だった多聞院に9/28に改めて出かけてみると、ちょうどよく見頃になっていました。

多聞院毘沙門堂前です。
秋空の下、彼岸花が見頃になっていました。
見頃の彼岸花・多聞院

手水舎の龍と彼岸花です。
ヒガンバナと龍口

狛犬ならぬ狛虎と彼岸花です。
狛虎と彼岸花

半僧坊大権現の社前にも彼岸花も見頃になっていました。
半僧坊大権現と彼岸花

隣の神明社との境の彼岸花もきれいに咲いていて、きれいでした。
ヒガンバナの列

シロバナヒガンバナも境内の各所で赤い彼岸花とともに咲き誇っていました。
赤と白の彼岸花

道路脇の植え込みには赤い彼岸花と一緒にシロバナヒガンバナも咲いていました。
やはり芋の葉と彼岸花の組み合わせ。
川越の芋が有名ですが、このあたりの芋を川越から水運で江戸に出荷したので川越の芋として有名になったんですよ。
芋の葉とヒガンバナ

この後は、お隣の神明社の裏手にある鎮守の森「月の原 花の小径」に行ってみると・・・
それはまた次回!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 21:01 | Comment(0) | .所沢 寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

ヒガンバナ・所沢航空記念公園

お彼岸頃に見頃になる彼岸花ですが、今年は開花が遅れ、お彼岸から1週間近く経って見頃となりましたね。
最初に見頃をとらえたのは所沢航空記念公園でした。
この入り口の脇の植え込みに並んでいました。
所沢航空記念公園

ヒガンバナ1
こういう公園の植え込みには珍しく、一般的な赤い彼岸花が優勢ではなく、白い白花曼珠沙華が優勢でした。

ヒガンバナ2


さらに、公園の奥の方の植え込みの上の方に彼岸花が並んでいました。
この写真でわかりますか?
植え込みの上の彼岸花

こちらは赤い彼岸花が優勢でした。
赤い彼岸花

赤が優勢でしたが、白いシロバナマンジュシャゲが目立つように撮影しました。
シロバナマンジュシャゲ

土曜・日曜と所沢市内でヒガンバナを撮影してきたので次回から順番にお届けします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 22:14 | Comment(2) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

カワセミ・アオサギ 所沢航空記念公園

夕方に立ち寄った所沢航空記念公園。
ヒガンバナが見頃になっていたので撮影し、池の周りの椅子で休んで撮影した写真を見直していると、ピピピピ〜と聞き覚えのある鳴き声が近くで聞こえたので、どこだ?鳴き声の方向を探すと、いましたいました!
鳥の世界の宝石・カワセミが!
カワセミ1

少し近づいて撮影していると、こっちを向いて目が合った?
カワセミ2


気づかれて飛んでいってしまったのですが、飛んでいったほうを目で追い、止まったところにそ〜っと近づいて撮影していると、お尻を持ち上げて、ぴゅっと糞を飛ばしました。
糞を飛ばしたカワセミ

この後、すぐに飛んでいってしまったのですが、池の周りで鳴き声が聞こえるものの場所がわからず、撮影は諦めたのですが、今度はグワーっというこれまた聞き慣れた鳴き声が!
探していると、大きな鳥が池の上を飛んで木の上に止まりました。
見やすい位置まで移動して撮影。
わかりますよね、アオサギです。
アオサギ1

少し近い位置に移動して木の間から撮影。
アオサギ2

さらに池の周りを回ってアオサギの正面から撮影しました。
アオサギの正面

この後、池の周りを回ってカワセミを探したのですが見つからず、もう帰るかとしたその時、さっきのアオサギが飛んできました。
急いでカメラで追って撮影すると、アオサギに夕日があたって赤く染まっていました!
池の上をぐるっと飛んで、一鳴きして飛び去っていきました。
下の写真にマウスを乗せて、クリック、ダブルクリックして御覧ください。


所沢航空記念公園の池でカワセミもアオサギも何度か見かけたことはあるのですが、タイミングよく撮影できていなかったんですが、引っ越ししてから一年近く経ってようやく撮影できました。
ここには行けば出会えるというほど確率が高くないので、見に行く優先度が低いのでつい足を運ばないのですが、捨てたもんじゃないですね。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ
posted by ブドリ at 23:23 | Comment(2) | .所沢 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

多聞院 彼岸花はまだ(9/23)

お彼岸ですね。
お彼岸といえば彼岸花ですよね。
今年は巾着田に行ってみようと思っていたのですが、ようやくちらほら咲き始めた程度ということで、今日は中止。
さて、近所でいいところはと探してみると、やはりいつもの多聞院にも彼岸花が咲くということがわかったので、見頃はまだだろうとお見ましたが、今日はどのような感じか、朝一番に行ってきました。

多聞院毘沙門堂です。
実は右下に彼岸花の列があるのですが、まだ咲いていませんでした。
多門院毘沙門堂 毘沙門堂前の彼岸花

毘沙門堂奥の植え込みには白花曼珠沙華(シロバナマンジュシャゲ)が咲いていました。
白花曼珠沙華は赤い彼岸花よりもだいたい1週間ぐらい早く咲くので、彼岸花は今週末ぐらいでしょうね。
白花曼珠沙華

半僧坊大権現の社前にも彼岸花の花茎が伸びてましたが、花はまだでした。
多聞院半僧坊大権現の社 半僧坊大権現の社前の彼岸花

多聞院の彼岸花の列隣の神明社との境にも彼岸花が咲くらしく、花茎がたくさん伸びてきていました。
全部咲いたらきれいでしょうね。


多聞院で一番彼岸花が咲いていたのは道路脇の植え込みにも白花曼珠沙華が咲いていました。
道路脇の白花曼珠沙華

道路脇の植え込みには赤い彼岸花も咲いていました。
芋の葉と彼岸花の取り合わせ。
いかにも所沢って感じですよね。
彼岸花

彼岸花の開花が遅いので、次の週末に巾着田に行けるか。
土曜日は午前中にもう一度多聞院に行って、午後は行きたいところがあるので、日曜日にと思うのですが、どうも天気が怪しい雰囲気なので、天気次第。天気によっては所沢市内の彼岸花巡りに切り替えようかなぁ。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
posted by ブドリ at 22:13 | Comment(0) | .所沢 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする