2019年02月20日

三ケ島稲荷神社

今回は、砂川遺跡都市緑地のすぐ近くにある三ヶ島稲荷神社をお届けします。

三ヶ島稲荷神社(埼玉県所沢市三ヶ島3-885-1)
西武池袋線「狭山ヶ丘」駅西口より徒歩約29分
大日堂バス停から徒歩2分

三ヶ島稲荷神社の創祀年代は不詳。
1775年(安永4年)に京都の伏見稲荷大社から御神霊を拝受し、明治の神仏分離令を受け明治8年に移転するなどした後、1951年(昭和26年)に、元湯殿社のあった地(旧照明院境内)の隣接地である当にへ遷座したといわれています。
ご祭神は倉稲之御魂神(ウカノミタマノカミ)で、五穀豊穣をもたらす神様です。
三ヶ島稲荷神社御由緒

鮮やかな朱色の鳥居です。
遷宮50周年を記念して2003年に建立されたものだそうです。
三ヶ島稲荷神社鳥居

拝殿です。
三ケ島稲荷神社拝殿

裏手には享保4年(1719年)造立のお地蔵様が安置された地蔵堂がありました。
三ケ島稲荷神社地蔵堂

地蔵堂の正面の交差点には庚申等と供養塔がありました。
弘化3年(1846年)造立の庚申塔 です。
三ヶ島庚申塔

月山坂東三拾三番・湯殿山西国三拾三番・羽黒山秩父三拾四番 奉納供養塔です。
三ヶ島三山供養塔



参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 埼玉風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ
【.所沢 寺社の最新記事】
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

砂川遺跡都市緑地の福寿草

ぼちぼち咲き出した福寿草(フクジュソウ)。
所沢で福寿草の名所はないかと探し、砂川遺跡都市緑地が福寿草の名所とあったので2/17に行ってみました。

砂川遺跡都市緑地(所沢市三ヶ島三丁目1072番地)

砂川遺跡は、所沢市で最初に発見された旧石器時代の遺跡です。
昭和41年に明治大学考古学研究室が、昭和48年に所沢市教育委員会が主体となって発掘調査を行い、ナイフ形石器を含む769点の石片が出土しました。
現在、旧石器時代の遺跡として市の史跡に指定されています。
また、「砂川遺跡都市緑地」として四季折々の草花が咲き、散策の楽しみの場所となっています。(所沢市HPより)

砂川遺跡

砂川遺跡都市緑地

我が家から自転車で走ること30分。はっきり行って案内が良くない道を行ってたどり着きました。

さてさて福寿草ですが、区切られた区画の中に、作物のように整然と並べて植えられていました。私の腕の影が入ってますね。
砂川遺跡都市緑地の福寿草1

まだ多くの福寿草は見頃前といったところですが、日差しを浴びて大きく花を開いていました。
砂川遺跡都市緑地の福寿草2

よく咲いている福寿草の列と紅梅です。
砂川遺跡都市緑地の福寿草と紅梅

白梅と福寿草です。
砂川遺跡都市緑地の福寿草と白梅

最寄りの駅からもバス停からも遠く、駐車場もないので、はっきり言って、人は来るの?というところです。
四季折々の花が楽しめるとありますが、他にどんな花が楽しめるのか、全然案内がないのでよくわかりません。
畑の中にあるので、観光名所となって人が押し寄せると周りに迷惑がかかる恐れもあるのでしょうが・・・というところです。

所沢市のホームページを見ていると、いろいろな所の案内は人に来てほしくて作っているという感じではないし、道案内も中途半端だし、いかにもお役所としてとりあえず作りましたって感じなんですよね。
大きな目玉のない所沢が、小さな名所をつなぐ努力をしないでどうするのか。
残念ですね。



参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 埼玉風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | .所沢 公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

多聞院

またまた所沢の名所巡りです。
先週の日曜日に自転車で巡ってきた中から1箇所お届けします。
ここには年明けすぐに初詣に行っていたのですが、あらためて人の少なくなった今の時期にでかけ、のんびりと見学してきました。
それが「多聞院」です。
我が家からだと、自転車で15分ぐらいのところにあります。
多聞院

多聞院は埼玉県所沢市中富にある開拓民の祈願所として創建された真言宗豊山派の寺院で、本尊に大日如来を安置し、毘沙門堂には武田信玄の守り本尊であった金の毘沙門天王を祀る。寅まつり、ボタンの寺として有名です。
その他詳しいことはウィキペディアや所沢市のHPにおまかせします。

参道から毘沙門堂です。
多聞院参道

多門院毘沙門堂です。
棟札から明和3年(1766年)に落成したものと判明しています。
多門院毘沙門堂

毘沙門堂の回りには、毘沙門天の化身である寅に、身に降りかかる災いを託して奉納する「身がわり寅(とら)」がズラッと奉納されています。
身代わり寅

寺院内には、近年、信徒の石工が奉納した鬼の我慢している姿の坐像「鬼の悟り」石像もあります。
鬼の悟り石像

お稲荷さんも祀られています。
正一位稲荷大明神

新しく安置された笠地蔵や、開運かわらけ当てなどもあります。
笠地蔵 かわらけ当て

境内に咲いていたロウバイと毘沙門堂です。
ロウバイと毘沙門堂

ここは、牡丹の名所で知られ、『ぼたんの寺』とも呼ばれています。
牡丹を立体曼荼羅に並べて植えつけたそうですし、他にも山野草が植えられているのでそれらの花の時期に訪れたいと思います。

多聞院の左手西側には 神明社がありますが、もともとは一緒の境内にあったものが、明治の神仏分離令によって、境内の西側は神社(神明社)として、東側は寺院としてそれぞれ独立し、現在の形になっています。

そちらの神明社にもお参りしてきましたが、それはまた後日お届けします。



参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 埼玉風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ
posted by ブドリ at 11:15 | Comment(0) | .所沢 寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

多摩湖(村山貯水池)から狭山湖(山口貯水池)

2月の最初の日曜日、天気が良かったので自転車を走らせて、東京都東大和市にある多摩湖(村山貯水池)に行ってきました。
距離にすれば7kmぐらいで、時間にしても40分もかからず、それほどの距離ではないのですが、家からはほぼダラダラと上り道が続き、所々にアップダウンがあって、最後には一山越えて、思っていたよりもヘロヘロになってたどり着きました。

多摩湖は村山貯水池の通称で、東大和市の狭山丘陵の渓谷に造られた1927年完成の東京都水道局水源管理事務所村山・山口貯水池管理事務所が管理する人造湖です。
村山貯水池は西の村山上貯水池と東の村山下貯水池に分かれています。
私がたどり着いたのは下貯水池の方です。

下貯水池第1取水塔(左奥)と第2取水塔(右手前)とメットライフドーム(西武ドーム)(奥の白い屋根)です。
村山貯水池取水塔と西武ドーム

着いた時はスッキリと晴れていい天気だったんですけど、休憩しているうちに雲が広がって来ましたが、広々として気持ちよかったですよ。
多摩湖

右手奥の方に富士山が見えるはずなのですが、残念ながら雲が多くて見えませんでした。
水はけっこう少なめで、湖岸がかなり見えていました。
多摩湖2

一息入れて、さてどうやって帰るかを地図アプリで検討。
来た道をそのまま帰っても面白くないので、村山貯水池自転車道を走って、すぐお隣の狭山湖を経由して帰ることにして出発。
太ももが悲鳴を上げていたので、無理せず走って、約15分ほどで狭山湖に到着!

狭山湖は山口貯水池の通称で、埼玉県所沢市・入間市にある1934年(昭和9年)完成の東京都水道局水源管理事務所村山・山口貯水池管理事務所が管理する人造湖です。
到着した時にはかなり雲が広がってきて、にわか雨でも降るの?という空でした。
奥に見えるのが取水塔です。
狭山湖

ベンチで休憩して眺めていると雲が減りはじめて、光芒が降り注いでいました。
狭山湖に降り注ぐ光芒

久しぶりに光のパイプオルガンの音を聞きました。
狭山湖に降り注ぐ光芒2

ここから家まではほぼ下り。
途中でみつけた北野天神社に寄ってお参りしてから帰宅しました。
いやー、3時間ぐらいの行程でしたがかなりきつい。
それでも、自転車で行けることがわかったので、ルートを検討して再チャレンジ!
次は桜の季節に、午前中からのんびりと巡りたいと思います。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
posted by ブドリ at 21:00 | Comment(0) | 名所・旧跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

荒幡の富士(荒幡浅間神社)

今日(1/14)は所沢の名所に行ってきました。
それが荒幡富士(荒幡浅間神社)です。

荒幡浅間神社は、所沢市荒幡にある浅間神社です。

荒幡富士(所沢市指定文化財)
旧荒幡村には昔から浅間神社のほか、三島・氷川・神明・松尾の各社がまつられていたが、明治五年の社格制定で浅間神社が村社に列せられ、三島神社以下は無格社となった。そこで村内の統一と民心の安定をはかるため、明治十四年九月村内浅間久保にあった浅間神社を西ヶ谷松尾神社の地に移し、それと共に三島神社以下を浅間神社に合祀することになった。
そのため浅間神社の傍にあった荒幡富士講信仰のシンボル富士塚も移転構築することとなった。そして以前の塚の幾十倍も大きい富士塚が明治十七年に起工し、同三十二年に竣工した。これは村内の氏子・信者はもとより、近隣の村々の有志も加わって営々として築きあげたものである。かくて荒幡富士は村民の心の大きな拠り所となり、かつ近郷近在に誇る最大級の人工の富士となった。このことは登山道の入口にある大正十年建立の文人大町桂月撰文になる荒幡新富士築山碑に明記されているところである。(所沢市教育委員会掲示より)

荒幡浅間神社の鳥居前から眺めました。
荒幡浅間神社 鳥居より

浅間神社社殿とその後ろの荒幡富士です。
荒幡浅間神社と荒幡富士

荒幡浅間神社社殿の裏手の登山口です。
荒幡浅間神社裏から荒幡富士

荒幡富士の山頂から東京スカイツリーが見えました。
左横の高いビルはサンシャイン60だと思います。
荒幡富士から東京スカイツリー

posted by ブドリ at 23:01 | Comment(5) | .所沢 寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

路上富士

今日は地元のお寺や神社などを自転車で見て回っていました。
その途中、こんなに富士山が見えるの!とびっくりしたところがありました。

とあるお寺から伸びる道路。自転車で走っていてびっくり!
ここがなんと富士山がよく見える道路だったんですよ。
しかも富士山の広がっている裾野の方までよく見えてるんですよ!
目の前は畑ですからね。
ここは新居から約20分ぐらい自転車で走ったところなんですよ。
路上富士1

これなら夕方もいい富士山が見られるなぁと、一周りしてから戻るとすでに日没すぎ。
それでも夕空にきれいな富士山が浮かんでいました。
夕暮れ路上富士1

凧が揚がっているところがあり、近くに富士山が見えたので自転車を止めて撮影しました。
新春らしい一枚!
凧と富士山

最初とほぼ同じところから夕暮れの富士山です。
夕暮れ路上富士2

少しずれて、畑の中に立つ木と富士山です。
夕暮れ路上富士3

そして帰り道。
我が家まで10分位の交差点に差し掛かると、なんと我が家方向の道路の奥に富士山が見えているじゃないですか!
信号を待ってトラックで遮られないタイミングで撮影しました。
夕暮れ路上富士4

思っていた以上に富士山が見えるところが多いですね。
でも、自転車で20分とはいえ、歩道が中途半端で自転車はどこ走ればいいの感たっぷりで、走っていてちょっと怖い!
都内とはかなり道路事情が違いますね。
そんな中でこれからも富士山スポットを探してみたいと思います!
posted by ブドリ at 23:13 | Comment(2) | .所沢 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

2019年 寒中見舞い申し上げます

昨年、父が他界したため、新年の挨拶は控えさせていただいております。

新年を迎えましたね。
昨年はいろいろありまして、生活環境が大きく変わりました。
そのためこのブログも休眠状態になっていますが、今年はぼちぼち更新できたらなぁと思っています。

新年の初めはやはり、初日の出と一富士。
先に撮影したのは富士山。
日の出直前、近所で撮影した赤く染まった初春の富士山です。
富士山

場所を変えて、初日の出(正確には上った後なので初日ですが)を撮影。
2019初日

目の前には畑が広がっているところで撮影したんです。
田舎の方に行ったわけではなく、我が家から歩いて10分もかからないところなんですよ。
畑で初日

畑の真ん中に立つ木の後ろに初日を入れて撮影していたら、鳩が飛んできたところが写っていました。
木と初日

新年から偶然飛び込んできた鳩がアクセントになってくれるなど、いい感じで撮り初めが出来ました。

今年はぼちぼち更新していきますのでよろしくお願いいたします。

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
posted by ブドリ at 11:56 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

鉄床雲(かなとこぐも)

8/26の夕方、見事な雲が見られました!
その写真がこちら
鉄床雲

この雲は鉄床雲(かなとこぐも)といいます。
簡単に言うと、成長した積乱雲(入道雲)の頂上部分が広がって平らになっている雲をいいます。
今回の写真のように見事に平らになっているものもありますが、多くの場合はこんもりとした感じになっています。

金床というのは金属を加工する際に用いる作業台で、この上で金属をたたいて潰したり整形したりするために使う台のことで、わかりやすい形でいうと、レールのような形をしたものが多く見られます。

昨日見られた反薄明光線もこの雲も今の季節に見られる現象なので空をよく見てみてください。

8/25の反薄明光線と十五夜お月様です。
反薄明光線と十五夜

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 23:06 | Comment(2) | 空色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

ツマグロヒョウモンの蛹がぞくぞくと!

8/16の記事「暑さに負けず、ツマグロヒョウモンの幼虫参上!」で、庭のスミレに幼虫が現れたと報告してから1週間経たない昨日8/22にツマグロヒョウモンの蛹第1号を発見しました。
その蛹は、そろそろぶら下がりそうだなぁと思ったので、蝶の羽化観察用ゲージに入れておいたら隅っこのスミレの葉にぶら下がって蛹になっていました。
ツマグロヒョウモンの蛹第1号

そして今朝、ゴミを出しに行く途中で確認すると、ぞくぞくと蛹になっているじゃないですか!
ツマグロヒョウモンの蛹2

ツマグロヒョウモンの蛹3

さらに、ぶら下がって今にも蛹に変態しそうな幼虫を発見!この状態を前蛹といいます。
変態間近のツマグロヒョウモンの幼虫

それから約1時間後、ゴミ収集車が来て、ゴミバケツを下げに行くと、蛹に変態していました。
変態する時に脱ぎ捨てた抜け殻がくっついています。
変態したばかりのツマグロヒョウモンの蛹

これから1週間から10日で羽化します。
我が家で見られるツマグロヒョウモンの羽化の最終シーズン。
しっかりと見届けますよ!

参加しています。もしよかったらポチッとお願いします
 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ blogram投票ボタン
posted by ブドリ at 11:56 | Comment(2) | チョウチョ観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

暑さに負けず、ツマグロヒョウモンの幼虫参上!

ここのところ、気温が30度前後と7月からの猛暑が一息ついている感じがありますが、それでも暑いですよね。
この猛暑の中の7月下旬、我が家の玄関前の通路のスミレにツマグロヒョウモンのメスが数匹飛んできているのを見かけました。
メスが来ているということは産卵しにきたはず!
幼虫の姿を楽しみにしていました。

そして今日、スミレに混じっているシダなどを抜いてスッキリさせていたら、黒いボディにオレンジのラインが入ったあいつがいました。
そう、ツマグロヒョウモンの幼虫がいたんです!
ほらこの通り!
ツマグロヒョウモンの幼虫1

見る場所を変えてみたら合わせて3匹の幼虫がいました。
この写真でわかりますか?
ツマグロヒョウモンの幼虫2

別のスミレの葉っぱにも幼虫が!
ツマグロヒョウモンの幼虫3

奥の方にも幼虫が!
ツマグロヒョウモンの幼虫4

この他にも別のスミレに数匹の幼虫がいたのでこれからの成長が楽しみです。
我が家最後のツマグロヒョウモンの成長シーズン。
しっかりと見届けてあげますよ!

posted by ブドリ at 22:37 | Comment(2) | チョウチョ観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする